不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アップルケーキ


バレンタインデーに作ったアップルケーキ。
卵なし、砂糖なし、りんご(紅玉)をたっぷり使った甘さ控えめのケーキです。

Aちゃんは『友チョコ』作りに忙しそうでした。お友達同士で手作りチョコやパンを交換するのが流行りらしいです。MくんはAちゃんから『残り物チョコ』をもらっただけ。そのうち本命チョコをもらう日は来るかしら?

スポンサーサイト


カボチャ焼プリン


週末に作ったおやつ。
カノウユミコさんの『菜菜スイーツ』から「かぼちゃの焼きプリン」。
私が作っている横で娘のAちゃんはクッキーを作ってました。それが↓。

モスクッキー


上新粉を使ったクッキー。軽くてさっくりしたクッキーに仕上がってました。


豆乳シフォンケーキ


それからこれは豆乳シフォンケーキ。詳しい作り方はBP不使用マクロビシフォンケーキを参照してください。これを作るためにハンドミキサーを購入しました。卵もべーキングパウダーも使っていないのにふんわりとしたシフォンケーキができました。


ごぼうランチ


カノウユミコさんの『菜菜ランチ』(柴田書店)を購入しました。『菜菜ごはん』『ますます菜菜ごはん』『菜菜スイーツ』に続く菜菜シリーズなのですが、毎日職場にお弁当を持って行きたくなります。

早速作ってみたのが写真なのです。ちょっとよそ見している間にささがきごぼうをちょっと焦がしてしまったけど、味は問題なし! 簡単でしかもおいしかったです。



滝


2週続けてハイキングしてきました。

日光。

これは竜頭の滝の上流になります。

涼しくて気持ちよかった。夏山は本当にいい!


トマトのサラダ



ご近所から青じそをたくさんいただいたので、青じそたっぷり使ったサラダを作りました。

久しぶりに作ったこのサラダは、『向田邦子の手料理』(講談社)の中から。

ごま油をベースにしたドレッシングとよくあう夏向きのサラダです。

実はトマトもいただきものです。ありがたいことです。


スナップエンドウとマイタケ



さっと湯がいたスナップエンドウとざっくりさいたマイタケを油で炒めて、万能たれ(あな吉さんの)で調味しました。万能たれは本当に重宝してます。

先日、実家の父から自家製野菜を送ってもらったところです。玉ねぎ、にんにく、スナップエンドウ、ブロッコリー。それから父の父(すでに90歳を超えています)が作った玄米も一緒に。ありがたいことです。野菜も米も大事にいただきます。



ごぼう丼


ささがきごぼうをたっぷりと使った「ごぼう丼」。休肝日用に珍しく丼ものを作ってみました。
卵を使って柳川風にしようかと思ったけれど、Mくんは卵を入れると食べないので
木綿豆腐を崩し入れて、最後は水溶き片栗粉でまとめてみました。

ところで、最近の発見。
昨年の7月頃から行方不明になっていたMくんの国語の教科書が納戸の奥から
でてきました。1年生の国語(上)。今更でてきても。。。 近々家庭訪問があるので
先生にご報告しようかな。(Mくんのクラス担任は昨年と同じです。)


白菜生姜焼き


これは「こんがり☆白菜生姜焼き」。

いつもレシピでお世話になっているブログ「vege dining 野菜のごはん」のizumimirunさんが本を出版なさっています。
『izumimirunのvege dining 野菜のごはん』
おいしい野菜料理のレシピを毎日ブログで紹介してくれていて、私もよく作っては感激しています。そのレシピが本になったおかげでもっと身近になりました。パソコンを立ち上げていない時でもサッと本を開いて見ることができるようになってうれしいです。
この「こんがり☆白菜生姜焼き」は本の中のレシピで作りました。みんなが選んだベスト1のレシピとして本の中で紹介されています。材料は白菜だけ。あとは調味料があればOKというすばらしくシンプルなものです。あ、レシピはこちらです。
他にもいろいろ作っているのでおいおいブログに載せていきますね(って次はいつ更新できるかしら・・・)。


今年も手作り味噌を仕込みました。昨年同様タッパーウェアに仕込みました。
昨日、大豆を水に浸しておいて、本日午前中(9時から12時)に作業しました。
昨年とほぼ同量の大豆と麹。約1.7kgの大豆(乾燥)を使いました。
まずは、圧力鍋で大豆をゆでます。私の圧力鍋は5リットルサイズなので、3回に分けてゆでていきます。

ゆでた大豆


上の写真はゆであがった大豆。やわらかく煮えました。大豆は無農薬のものを使ってます。
このまま食べてもおいしいです。
熱いうちに、ハンドミキサーでマッシュしていきます。マッシュした大豆がさめたら、塩切り済みの麹(米麹と塩はあらかじめよく混ぜあわせておくのです)とよく混ぜていきます。

マッシュ大豆+麹


大豆と麹を混ぜている時、少々固い場合は大豆のゆで汁を注いで調整します。今年はゆで汁は控えめにして、りんご酵母液を加えました。

りんご酵母


昨年は酒かす酵母液を仕込み後の表面に塗ったのですが、今年はりんご酵母液を混ぜてみたのです。はたしてどんな味噌になるやら。
それから、昨年の手作り味噌を種味噌として一緒に混ぜこんであります。種味噌は仕込み容器の底にも敷きました。

種味噌


あとは、空気を抜くように容器に味噌玉を投げ込んでいきます。

味噌詰め


味噌を詰め終わったら、表面にりんご酵母液を塗って、ラップします。ラップの上には塩で重しをします。

味噌仕込み完了


このまま密閉して完了。1年後が楽しみです。



こんにゃくとごぼうの味噌炒め煮


自家製味噌を使ってこんにゃくとごぼうを炒め煮してみました。やっぱり味噌がおいしい!

ということで、今年も仕込み決定。現在、材料を注文中です。昨年作った味噌は別容器に移して冷蔵庫に保管しています。今年もタッパーウェアで味噌を仕込む予定。

本日は、ひさしぶりの雪でこどもたちは外でおおはしゃぎです。午前中は結構降ってましたが、午後になってからはかなりみぞれっぽい。私は家の中でお茶を飲みながらのんびりです。

最近読んだ本は
奥田 英朗 著の
『空中ブランコ』
『ウランバーナの森』
『ガール』

特に『空中ブランコ』がおもしろかった。『イン・ザ・プール』も読みたくなったけど、図書館で貸し出し中になっていてなかなか借りられません。奥田さんの他の著作も貸し出し中のものが多い。人気あるのですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。