不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっと前から気になっていたお店『くろまめや』でランチを食べました。宅配お弁当の専門店かと思っていたので、店舗での営業があることは今日通りかかってはじめて知りました。

私が食べたのは『豆御膳』。豆腐中心の定食です。
豆腐ハンバーグ、揚げ出し豆腐、卯の花の春巻、さしみ湯葉など、豆腐や豆を使った料理がたくさん。デザートは黒豆を使った豆乳プリン。甘さ控えめでおいしかったです。


豆ランチ

豆乳プリン


今日で10月も終わりですね。10月はハロウィーン月間でした。今時は学校でもハロウィーン集会があります。ご近所のママたちが主催するものや学童クラブでのイベントもあって、10月中はずっとハロウィーンだったような感じです。これからは学校祭もあるけれどクリスマスも近づいてくるので、こどもたちはまたイベントに大忙しかもしれません。

私はというと、平日はもう遊ぶ時間はなさそうです。とにかく健康に気をつけて安全運転を心がける、それでいっぱいいっぱいかも。期間限定なので1年ぐらいしたら、またもとののんびりした生活に戻れるでしょう。

ところで、先週3日間研修で東京へ行っていましたが、そのとき電車の往復の時間の中で読んだ本が3冊あります。1日1冊のハイペース。それだけ電車に乗っている時間が長いということでもあります。
『ミッドナイトイーグル』、『命の遺伝子』、『イントゥルーダー』です。すべて高嶋哲夫:著です。『ミッドナイトイーグル』が映画化されたのでミーハーにも原作を読みたくなったのです。すべて図書館から借りてきました。なかなかおもしろかったので現在夫にすすめています。この作者の別の著作をまた借りてこようと思っています。
スポンサーサイト


日替わりランチ


所用があって宇都宮へ向かう時、混雑する国道は通らずに迂回しています。その途中の道にあるお店が『おるどいや』です。日替わりランチ500円の看板がいつも気になっていたので、先日はじめてはいってみました。

老婦人1人できりもりしているお店のよう。益子焼の作品がたくさん並べられていて、ほっと落ち着くお店です。メニューはないらしく、注文もとりません。最初にどくだみ茶を運んでくれて、しばらくすると、日替わりランチを運んでくれました。
この日の日替わりランチは、
グリーンピースご飯
季節の野菜入りそうめん
紫花豆の甘煮
でした。
体によさそうなおふくろの味の料理。とても丁寧に作られていておいしかったです。使われている器もすべて益子焼のようでした。
これで、税込み500円。とても満足のランチでした。


昨日、Mくんの卒園した保育園から、遠足のしおりが届きました。週末保育園の遠足に招待されているのですが、その詳細の案内が届いたのです。卒園児は今回招待ということで、遠足代(バス代とか)は無料でいいとのこと。太っ腹な園長先生です。クラスのほとんどが参加するので同窓会のようになるでしょう。
ところで、このしおりが郵送されてきた封筒に貼られていた切手が、6月に発売になっているアニメシリーズの切手でした。あ、これ、ほしいと思って早速郵便局へ買いに行ってきました。何のアニメかというと、『未来少年コナン』です。なぜか夫がすべてビデオにとってあるため、AちゃんやMくんも知っているアニメです。なんだか使うのがもったいないような。。。しばらく眺めてから使おうかと思ってます(昔買った鉄腕アトムの切手はシートで買ってまだ使えずにとってありますが)。

切手



ランチ


ランチ


先週は久しぶりの東京でしたが、梅雨入りしたにもかかわらず連日晴天で傘は不要でした。
東京・中野(最寄り駅は中野駅)にある菜食家庭料理の店「Vegetable Kitchen Govinda's(ゴーヴィンダズ)」でランチをいただきました。
インド料理系(カリー、ダルスープ、パコーラ、サモサなど)もありましたが、日替わりセットを選んでみました。
この日の日替わりセットの内容は、
 大根もち
 ほうれん草の白和え
 スプラウツサラダ
 おからサラダ
 玄米・七穀米
 根菜・筍・揚げの煮物
 白菜と長いものスープ
 ハーブティー
でした。
なかなか来る機会もないだろうと思ったので、豆腐チーズケーキ(卵・乳製品不使用)も注文しちゃいました。

ケーキ


お店は住宅街の中にあって周辺はとても静か。テーブル席2つ、カウンター数席の小さなお店で、ランチタイムはほぼ満席となってました。
日替りセットはどれもおいしく満足です。豆腐チーズケーキもとてもおいしかった。
また来たいなぁと思ったけれど、そうそう機会がないのが残念!


農園セット


『ダシを使っていないのになんでこんなにおいしいの!?』

そういう味噌汁をいただけるのが、埼玉県幸手市にある農家料理なごみです。いつも幸手市方面へ出かける機会のあるときに立ち寄っています(なかなか機会がないのが残念なんですけど)。
こちらのオーナーは『わらのごはん』の民宿『わら』で研修を受けていて、重ね煮料理をマスターされています。とにかく味噌汁がおいしいんです。その他の料理も重ね煮を使ったものが多くどれもこれもおいしいです。
写真は、春巻き2本をメインに小鉢が2つつく農園セットです。これは肉や魚を使わない野菜中心のセットです。そのほか魚や肉も使ったセットもあるし、事前に予約すればマクロビ対応の料理を食べることもできます。デザートも卵や乳製品を使わないケーキもあるのがうれしいです。
2名以上から料理教室も開催しているようなのですが、栃木からはちょっと距離があるので地元の友人を誘うというわけにもいかずまだ参加したことがありませんが、機会があれば、重ね煮料理教室やナチュラルスイーツの料理教室に参加してみたいです。


じゃむじゃむ外観

ときどき立ち寄っている小山市内のコーヒーハウス『じゃむじゃむ』。
実は1年のうちで今の時期が一番華やかです。つるバラが満開となるためです。写真は先週のもの。

この日は、トマトとツナのパスタランチをいただきました。

じゃむじゃむランチ


そしてセットになっているシフォンケーキですが、この日は抹茶シフォンケーキでした。毎日日替わりでいろんなシフォンケーキを用意しているそうです。

抹茶シフォンケーキ


それにしても、ここは本当に落ち着きます。じっくり本を読むのによいです。最近この近くの歯医者さんにかかっているのですが、そのときに立ち寄ることが多いです。歯医者さんに行くのは決して楽しいものではないのですが、帰りにここへ寄ろうと思うとちょっと気持ちが明るくなります。


アトマの夕飯


わが家のよく利用する宿の1つが、ユースゲストハウスATOMAです。今回は1年半ぶりなので久しぶりということになりますが、相変わらず落ち着ける宿です。

学生時代からユースホステルにはよくお世話になってました。家族ができてからはしばらく利用しなくなっていましたが、最近のユースホステルやユースゲストハウスは家族連れでも利用しやすいところが増えてとてもありがたいです。旅館と違って休日だからといって料金があがることもありません。洗濯機や乾燥機が備えてあるところも多くその日の汚れ物をその日のうちに宿で洗濯してしまうことも可能。セルフサービスが基本ですが、配膳や片づけなどを手伝うことも少なくなりました。素泊まり自炊も可能な場合も多いです。ユースホステルの会員でなくても利用できます。

ATOMAはユースゲストハウスなのでユースホステルよりグレードが高いです。そのため料金もユースホステルよりは高めですが、設備も食事も満足できる内容です。

さて、ゴールデンウィーク中の5月4日、那須ハイランドで遊んだ後、ATOMAへ向かったわけですが、途中事故により高速道が通行止めとなってしまい、大渋滞にまきこまれました。宿に着いたのは予定より大幅に遅れて20時頃。遅れついでにお風呂にゆっくりつかってから晩ご飯をいただきました。写真がその晩ご飯。品数が多すぎて写真にはおさまりきってません。

ウルイのマヨネーズ添え
青菜のおひたし
ホヤ
アユ塩焼き(囲炉裏で焼いてくれます)
おさしみ
茄子とタラの芽の天ぷら
行者にんにくのしょう油漬け
しゃぶしゃぶ
手作り豆腐
もろキュー
揚げそばがきのあんかけ
イチゴ

しゃぶしゃぶのおわった鍋にご飯と卵をいれて雑炊もいただきました。こどもたちには豆乳コロッケやスパゲッティもでました。

晩ご飯の後は天体観測。ATOMAには望遠鏡があります。晴れた夜には観測会を開いています。この夜は雲が大分でていたためほとんど星が見えず。牛飼い座のアークツルスを観測しておしまいとなりました。
その後は地酒の試飲会。おしゃべりしながらまったりと過ごしました(こどもたちはマンガ読んだりオセロゲームしたりして過ごしました)。

アトマ外観
<ユースゲストハウスATOMAにて>


翌日の5月5日は、霊山に登る予定でした。
でも朝からAちゃんが元気ありません。食欲もあんまりないので、山登りはやめて、霊山のふもとにある「りょうぜん こどもの村」で遊ぶことにしました。山の斜面に作られた遊び場なので、アスレチックなどで遊んでるとそれなりに斜面を登ることになり、ちょっとしたハイキングをしたような感じでした。Mくんはパワー全開で遊び回りました。

りょうぜんこどもの村
<りょうぜん こどもの村>


その後、福島県立美術館へ立ち寄りました。こどもの日だったせいか、常設展示を見るだけなら入館無料ということで、一回り見てきました。
実はこの美術館、福島市内の大好きなスポットの1つです。常設展示の中に斉藤清・岸田劉生・ワイエス・シャガールがあり、何度も訪れては楽しんでます。Mくんを美術館に連れてくることは少ないのですが、この日は絵や彫刻を1つ1つ一緒に見て回りました。絵の中の人物や雰囲気を真似てポーズをとりながら見てまわったので楽しめたようです。

福島県立美術館
<福島県立美術館・図書館>


その後帰途につきました。Aちゃんは疲れがでたのか風邪なのか家に帰りついた頃にはふらついていて熱もでていました。でも一晩寝たらけろっと元気になりました。一方私は、今朝、体をひねってしまったらしく、首から背中にかけてが痛くて1日中寝てました。午前中爆睡、お昼食べた後、また爆睡で1日が終わりました。明日には痛みがとれるとよいのですが。


スープとパン


ひさしぶりに東京へ出ました。
用事が終わって東京駅で途中下車して、立ち寄ったのが丸の内北口にある『丸の内オアゾ』。もうできてだいぶ経つと思うけれど中にはいってみるのははじめて。
お目当ては『丸善』本店。実は丸善にもはいるのははじめてなのだ。本が好きなので本屋さんは大好き。一日いても飽きないけれど、本屋さんによって品揃えも並べ方もいろいろで、ついついチェックしてしまう。品揃えはよいと思う。しかし狭いスペースを有効活用して上へ上へと並べられているため、台にのっても届かないところがあって、気軽に手にとることができない。中を見たい本が一番上の棚にあったが、店員を呼んでまで見てみる気にはならず結局断念。
やはり、『ジュンク堂』のほうが好きです。

その後軽食を食べるため、地下1Fの『スープストックトーキョー』へ。オニオンクリームポタージュとパンをいただきました(上写真)。味はまずまずですが、値段が高いですねぇ。東京で安くておいしい店をさがすのは大変(広すぎて)だからしかたないですけど。同じ地下に『神戸屋』がありました。こちらもランチがありましたが、パンだけを買って帰りました。

パン



トマトソーススパゲッティ


栃木県小山市内で所用をすませた後、お気に入りのコーヒーハウス『じゃむじゃむ』で少し遅めのランチをいただきました。
トマトパスタセットです。写真に写っているトマトソースのスパゲッティと味噌汁のほかに、サラダ、バナナシフォンケーキ、コーヒーがついてます。

店内はいつもいろんな音楽がかかっています。ジャズだったりクラシックだったり。本日は『涙そうそう』とかでした。夏川りみさんのがかかったり、BEGINのがかかったりしてましたが、マスターが小声で歌っていたのを聞き逃しませんでしたよ。
他にほとんどお客がいなかったので、私は来月受ける某試験のための勉強に熱中できました。家でやるより集中できます。

帰り際に、パンフレットを1枚いただきました。

パンフレット


なんとハート型です! ステキですよね。
宇都宮美術館の企画展『宇都宮美術館開館10周年記念展 シャガール、その愛のかけら』のパンフレットです。普通のパンフレットだったら特に保存したりしないのですが、これはハート型でおもしろいです。とっておこうと思います。また、シャガールは好きな画家でもあるので、期間中に1度行ってきたいなぁと思います。詳細は美術館のホームページにでていますので、ご興味のある方は確認してみてください。

会 期 : 2007年2月10日(土)~4月8日(日)
開館時間 : 午前9時30分-午後5時[入館は午後4時30分まで]
休館日 : 毎週月曜日、ただし2月12日 (月)は開館、2月13日(火)、3月22日(木)は休館
毎月第3日曜日(2月18日、3月18日)は「家庭の日」のため、ご家族で来館された高校生以下はすべて無料、同伴の大学生・一般の方は半額となります。



カレー


以前の記事でも紹介したコーヒーハウスじゃむじゃむでランチを食べてきました。今回は夫も一緒。上の玄米野菜カレーは夫が頼んだもの。私も一口いただきましたが、とてもおいしい。

ランチ


こちらは私の玄米食セット。毎回おかずはかわりますが、どれもおいしいです。1月は5日から営業だそうです。また来年もちょくちょくお世話になることでしょう。

ところで、現在年賀状書きにおわれてます。昨日、今日と熱をだして寝込んでしまったため、これから急ピッチで仕上げなければなりません。しかもプリンターの1台が調子が悪くて急遽カートリッジを買いにいったりしてバタバタしています。もっと早くから準備しておけばよいのでしょうが、どうもぎりぎりにならないと腰があがらないんです。
年末年始は実家を転々として過ごす予定ですので、しばらくブログの更新はお休みします。ブログへご訪問いただいた皆様、また、コメントをいただいた皆様、どうもありがとうございました。来年またよろしくお願いします。どうぞ、良いお年をお迎えください。


会津自然食の宿・タンボロッジにて、味噌作りワークショップを進行中に、その横では同時並行で新蕎麦打ちが行われていました。
蕎麦を打ってくれたのは、前夜、発酵の話をしてくれた『麹くん』です。原料は同じで挽き方をかえた2種類の粉で打ってくれました。

蕎麦1
まずは、粉全体にお湯を吸収させています。

蕎麦2
次ぎは水をいれて箸でまぜていきます。

蕎麦3
少しずつまとめていきます。

蕎麦4
1つにまとまってきました。さらにこねていきます。

蕎麦5
こねあがったら、3つに切り分けます。

蕎麦6
のばしていきます。

蕎麦7
切ります。(↑「おとう」が切ってます。少しやらせてもらいました。)

蕎麦8
ゆで上がりました。


味噌作りワークショップに参加しつつ、蕎麦打ちを見ていたので、打ち方のコツなどは完全に聞き逃しています。
しかし、蕎麦はおいしかったです。料理長さん特製のおつゆ、辛み大根も一緒にいただいて大満足でした。
実は我が家には蕎麦打ちセットがあります。買ったのは「おとう」です。そのうち我が家でもおいしい手打ち蕎麦が食べられるでしょうか。真剣に蕎麦打ちを見ていたので、期待できるかも!?

<修正:2007年1月15日>
蕎麦粉に入れる水分について お湯→水 に修正
(『麹くん』に教えていただきました。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。