不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も手作り味噌を仕込みました。昨年同様タッパーウェアに仕込みました。
昨日、大豆を水に浸しておいて、本日午前中(9時から12時)に作業しました。
昨年とほぼ同量の大豆と麹。約1.7kgの大豆(乾燥)を使いました。
まずは、圧力鍋で大豆をゆでます。私の圧力鍋は5リットルサイズなので、3回に分けてゆでていきます。

ゆでた大豆


上の写真はゆであがった大豆。やわらかく煮えました。大豆は無農薬のものを使ってます。
このまま食べてもおいしいです。
熱いうちに、ハンドミキサーでマッシュしていきます。マッシュした大豆がさめたら、塩切り済みの麹(米麹と塩はあらかじめよく混ぜあわせておくのです)とよく混ぜていきます。

マッシュ大豆+麹


大豆と麹を混ぜている時、少々固い場合は大豆のゆで汁を注いで調整します。今年はゆで汁は控えめにして、りんご酵母液を加えました。

りんご酵母


昨年は酒かす酵母液を仕込み後の表面に塗ったのですが、今年はりんご酵母液を混ぜてみたのです。はたしてどんな味噌になるやら。
それから、昨年の手作り味噌を種味噌として一緒に混ぜこんであります。種味噌は仕込み容器の底にも敷きました。

種味噌


あとは、空気を抜くように容器に味噌玉を投げ込んでいきます。

味噌詰め


味噌を詰め終わったら、表面にりんご酵母液を塗って、ラップします。ラップの上には塩で重しをします。

味噌仕込み完了


このまま密閉して完了。1年後が楽しみです。

スポンサーサイト


味噌


ちょうど1年ほど前に仕込んだ味噌が食べ頃となりました。夏過ぎた頃にはまだ黄土色だった味噌。今日あけてみたら表面はすっかり茶色に変わっていました。中はもっと薄い茶色。ひとくち食べてみたらとてもおいしい。自分で作ったとは思えないおいしい味噌になってました。こんなにおいしいのならまた今年もやってみようかな。

早速作ったのが昼食の味噌汁。だしは昆布だし。具はあおさだけ。悦に入りながら堪能しました。

あおさの味噌汁




梅干し


先週土曜日から干し始めた梅干し。今朝とりこみました。3日間ほぼ晴天で、雨の心配をせずに干せたのは久しぶりのような気がします。
年によっては、急な雨にあわててとりこんだりしたこともあるし、夜干し中も気になって眠れないこともありましたが、今年は夜も心配なくぐっすり眠れました。
写真ではわかりにくいですが、夜露にしっかり濡れてしっとりしています。全部白梅干しなので赤くはないですが、干し始めに比べたら色濃く赤みを帯びています(写真は実物とちょっと色が違ってます)。
まだ昨年の梅干しがあるので、この梅干しを食べるのは年明けかもしれません。

夫実家にお泊まりに行っているAちゃんとMくん。なんだかんだ楽しんでいるようなのでほっとしてます。Mくんはおかあさんを恋しがっているようですがAちゃんが一緒なので大丈夫だろうと思ってます。木曜日には元気に帰ってくることでしょう。



南高梅


今朝、南高梅を塩漬けにしました。届いたのは3日前(上の写真)でしたが、黄色に熟すのを待っていました。
10kgのうち約4kgをホーロー鍋で、基本の塩漬け。いつも通り塩分18%です。


梅の塩漬け

梅の塩漬け


残りは昨年と同様タッパーウェアで漬けました。重しを使わないので、形も崩れないし、容器も軽くて移動もらくらくです。

梅の塩漬け


本当は今年全部タッパーウェアで漬ける予定だったのですが、残りのタッパーウェアは味噌を熟成中で使えないのです。味噌をカメに移したり密封容器に移そうかとも思ったのですが、量も結構あるし、せっかくここまでカビなしで熟成しているのでこのままにしておくことにしたのです。そのため、梅用のタッパーウェアは1つだけ。ということで、今年もホーロー鍋が活躍してます。

今年の梅は、ナチュラル農場・岡田果樹園さんに注文しました。大きくてきれいないい梅でした。どうもありがとうございました。あとは梅酢がしっかりあがってくるのを待つだけです。




割干し大根
割干し大根


大根をたくさんいただいたので、ハンガーに干してみました。
切り干し大根よりはずっと太い割干し大根。5日間ベランダで干したらすっかり干しあがりました。

そして作ったのは、割干し大根の煮付け。ニンジンと薄揚げと一緒にじっくり煮ました。

割干し大根煮付け



先日、梅干しが終了して一息ついたのですが、今朝、実はまだ干していなかった残りを干し終えました。先発と後発の梅干し、実は梅漬けのやり方を変えてます。
先発はいつもの梅漬け-ホーローの容器で、梅の重量と同じ重さの重しを使って漬け、梅酢がたっぷりあがってきたら、重しを半分の重さに変えました。5kgの梅を漬けるなら、最初5kgの重しも必要なので、ホーローの15リットルサイズの容器でやると移動もなかなか大変です。
そこで、昨年からやりたいと思っていたのが、重しを使わない梅漬けのやり方です。知人から「軽いし、楽だし、梅の形もきれいだよ~」と聞いて今年こそはそれでやるぞーと思ってました。後発の梅漬けはどうしたかというと。。。
梅干し


お天気の続いた日には外出が続いて、いっこうに干せなかった梅。日曜日に火曜日までは晴れるとの天気予報を信じて干し始めました。ところが今日の予報は雨。今のところお日様もでているので、あきらめずに干しています。今日は1日空を見上げながら過ごすことになりそうです。1日目に干した梅を味見したところ、しょっぱすっぱいいつもの梅干しができていたので、今日1日干せればよい梅干しになりそうです。

斑点の多い悪い梅も漬けてみた(もったいないので)けれど、これはやっぱりできは悪そう。見た目もよくないし、堅いのが多い。やはり最初の選別は重要かもしれない。

ちなみに、我が家の梅干しはすべて白梅干しです。紫蘇の仕込みが面倒なこともありますが、基本的に白梅干しが好きなので毎年これ1本です。


梅漬け開始です。

梅2

今年の梅はちょっとはずれが多くて残念でした。斑点が多くて使えない梅がどっさり。いつもの年はせいぜい1割はじく程度ですが、今年は半分近くはじきました。9kg購入して梅漬けしたのは5kg。残り4kgのうち1kgは酵母をおこしてみることにしました。さらに残りは傷んでいるところをきって梅ジャム、または梅種だけ焼酎に漬けてチンキにしようかと思ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。