不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目下私がほしい本の1つが、『ニューベーシックマクロビオティック』です。9月22日に発売されたものの、地元の書店ではみかけません。こういう本はネットで注文しないと田舎では手に入らないのかしら。本は基本的にに手にとってから買いたいほうなので、書店をまわろうと思ったのだけれど、いつも行く書店の1つがいつのまにか閉店していてがっくり。新規店舗がまた書店ならうれしいけれどどうなることやら。

スポンサーサイト


書店でみかけることはまずないでしょう。Amazonで検索してもでてきません。だって、出版元のホームページ上でさえ紹介されてませんから(笑)。でも、出版元に電話したら売ってくれました。
定価2000円、郵送料250円でした。
穀菜食の舎(こくさいしょくのいえ)
須永家のお弁当レシピ

本


須永さんという寺を持たないお坊さんがこどもたちに作ったお弁当の写真と作り方(分量とかは載ってません、手順がざっくり書いてあるだけ)の載っている料理本です。いつも目分量で料理を作っている私にぴったりの料理本なのです。
穀菜食のお弁当なので、肉・魚・卵・乳製品を使っていない精進料理のようなおかずばかりで構成されています。でも、と~ってもおいしそうなんです。
調味料もシンプルです。酒もほとんど使われてません。

この本をはじめて見かけたのは「会津自然食の宿・タンボロッジ」です。泊まる度にほしいなぁと思っていた本なのでした。

著者は
 須永晃仁
出版元は
 (株)博進堂コミュニケーション事業部
 TEL 025-271-2675
 URL http://www.hakushindo-com.co.jp/

<コピー、引用ご自由にどうぞ>とあるので、本の中味を一部紹介します。

本のページ


写真は2002年10月1日のお弁当のページ。

高野豆腐の磯辺焼き
煮物の高野豆腐の余り利用。衣(地粉、塩、水)をつけ、のりで巻いてオーブンかフライパンで油焼きする。

もやしとエリンギのソテーしょうゆ味
エリンギは塩を振って、空煎りしてから、蓋をして蒸し煮する。水分が出てきたらもやしを入れ、水分が飛ぶまで炒めて、しょうゆを回す。
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。