不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アップルケーキ


バレンタインデーに作ったアップルケーキ。
卵なし、砂糖なし、りんご(紅玉)をたっぷり使った甘さ控えめのケーキです。

Aちゃんは『友チョコ』作りに忙しそうでした。お友達同士で手作りチョコやパンを交換するのが流行りらしいです。MくんはAちゃんから『残り物チョコ』をもらっただけ。そのうち本命チョコをもらう日は来るかしら?

スポンサーサイト


カボチャ焼プリン


週末に作ったおやつ。
カノウユミコさんの『菜菜スイーツ』から「かぼちゃの焼きプリン」。
私が作っている横で娘のAちゃんはクッキーを作ってました。それが↓。

モスクッキー


上新粉を使ったクッキー。軽くてさっくりしたクッキーに仕上がってました。


豆乳シフォンケーキ


それからこれは豆乳シフォンケーキ。詳しい作り方はBP不使用マクロビシフォンケーキを参照してください。これを作るためにハンドミキサーを購入しました。卵もべーキングパウダーも使っていないのにふんわりとしたシフォンケーキができました。


ヤマモモ酵母ドリンク


今年も庭のヤマモモがたわわに実って大豊作でした。昨年同様酵母ドリンクを作ることにして、冷蔵庫に仕込みました。
そうしてできあがったヤマモモ酵母ドリンク。甘酸っぱくて微炭酸でさわやかです。
下の写真は収穫する前のヤマモモ。

ヤマモモ2007


豆腐ガトーショコラ


あまりに簡単にできてしまって驚きました。
vege dining 野菜のごはん豆腐で☆濃厚ガトーショコラです。
卵も砂糖も油も使ってないのに濃厚なケーキができました。しかも材料をまぜて焼くだけなんです。甘みもメープルシロップなのでやさしい控えめな甘さでおいしいです。
AちゃんとAちゃんの友達にも好評でした。izumimirunさん、ありがとう!

本日はMくんは保育園の遠足に参加しました。雨に降られることもなく、楽しんだようです。
Aちゃんはその間友達とのびのびと(Mくんがいなくてせいせいしている様子)遊んでました。たまにはいいでしょう、いつも一緒だと息が詰まるようだから。



『春の酵素』で酵素ジュースのおいしさを知ってしまったので、『梅の酵素』も作ってみました。

まずは梅を梅割器で割ります。


梅割り

梅割り


5kg分の梅を割って大きめの容器にいれます。

梅を割ったところ


ここに5.5kgの砂糖と発酵助剤を加えてよく混ぜ合わせます。

梅と砂糖と発酵助剤


一晩置いておくと、砂糖はかなりとけて発酵がはじまっているようです。泡だってました。

一晩たった梅酵素


その後1週間、毎日かき混ぜて、漉しました。

こした梅


昆布エキスの『海の精』を360cc加えてまぜたらできあがり。
ビンにいれました。
おおよそ1Lビン2本、720mlビン5本分くらいできました。

瓶詰めした梅酵素


春の酵素とは違って梅の酸味がさわやかな夏向けドリンクになりました。味は梅シロップと似ています。梅シロップ同様、5倍程度に水でうすめて飲みます。
ただ梅シロップと違って発酵を続けるものなので、冷蔵しないと発酵がすすんでしまいます。そのため、全部冷蔵保存(床下収納などがあればそういう冷暗所でもいいらしいです)にしたので、わが家の冷蔵庫の野菜室はほとんど酵素貯蔵庫となってしまいました。まだ春の酵素もあるので、なかなか大変です。


『手作り酵素』なるものを作りました。
実は昨秋ぐらいから、手作り酵素教室のホームページを見て気になっていました。そうしたら、ご近所で酵素作りをやっていると聞いて参加させてもらいました。

事前に酵素について勉強するため、『手作り酵素』の本(十勝均整社発行)を購入して読みました。

手作り酵素の本


で、酵素って何なの?と言われると、うまく説明できません。理科的には言えば、タンパク質です、ということになりますが、その働きは多様で、神経の伝達や筋肉の収縮といった生命活動に欠かせないもの、だそうです。
難しいことは置いといて、健康維持に役立つものとして生活にとりいれたいと思ったのがきっかけなので、とにかく作って飲んでみようと思ってます。
春は野草、秋は野菜・イモ・穀類で、梅の季節には梅単独で、作れるようです。
今回は春の酵素作りです。

まずは思川河川敷等でひたすら野草を摘みました。1人10キロを目標に。しかし初心者が多いため、この日は1人5キロ分を集めるのがやっとでした。集めた野草+タケノコ+モミジを使いました。

次に摘んだ野草を水洗いします。

細かく刻みます。写真(下)は押し切り器を使ってますが、このほか包丁も使って急いで処理します。

野草を切る


分量をはかって容器に分けます。

砂糖とケルプ(発酵助剤)を混ぜます。砂糖は白砂糖を使います。量は野草の重さの1.1倍を目安に。

砂糖を混ぜる


あとは5~6日間、毎日混ぜます。混ぜるときは右回りで。

混ぜ込み終了


ざるを使って漉します。

『海の精』(昆布抽出液)を混ぜます。

保存容器(ビン)に小分けして冷蔵庫で保存します。

できあがり。

春の手作り酵素


朝夕30ccぐらいずつ飲めばよいそうです。
でもこのままではとても甘すぎて飲めません! なので5~6倍に水で薄めて飲みます。野草風味の甘いジュースという感じ。

気になるのが、白砂糖をたっぷり使っているところです。これについては本にもQ&Aで書いてあるのですが、手作り酵素にはミトコンドリアが多量に含まれていてそれが糖をエネルギーに転換してくれるため砂糖の弊害はないそうです。また、砂糖による浸透圧を利用して植物の細胞膜内から酵素を取り出すため、必要なんだそうです。黒糖やはつみつなどを使うと異常発酵して腐ってしまうらしいです。

詳しくは、本の出版元であり、『海の精』の発売元である、十勝均整社のホームページを参照してください。『手作り酵素』について詳しく解説があります。

で、あと5キロ分を追加で作るために、昨日も酵素作りに参加してきました。参加者9人。
前回集めた野草とほぼ同じ種類の野草が集まりましたが、クズ+アカザ+ウド+カモミールも加わりました。
午前中いっぱい野草を摘んだところで、昼食となりました。たけのこごはんなどを用意してくださった方がいて、おいしく頂きました。

たけのこごはん他


チョコレート


バレンタインデーのためにフライングして作ったチョコレート。Aちゃんの手作りチョコはクランチチョコです。
何かの本に書いてあったらしく、「世界ではバレンタインデーは親しい人と(チョコレートに限らず)プレゼントを交換しあうんだって。だから、お母さんにもあげるから、私にもちょうだいね」というAちゃん。しっかりしてます。このチョコも家族全員(本人も含めて)のために作ったそうです。

実は裏話があります。チョコレートを作るというので、材料は何が必要なの?と聞いたところ、「ココアバター」と答えたAちゃん。「ココアバター? それってチョコの原材料だよね? もしかしてカカオ豆やらなんやらからチョコレート作るつもりなの? どこにそんな作り方が書いてあったの?」と聞いたら、どうやらチョコレート菓子の原材料表示欄を見て、必要なものだと勘違いしたらしいです。

ところで、本日、グリーンピース・ジャパンの遺伝子組み換え問題サイトより申し込んでおいた『トゥルーフード・ガイド』が届きました。よく大豆製品などに『遺伝子組み換えではありません』などの表示がありますが、そういう表示があっても原料に遺伝子組み換えの原料が使われていることがあるそうです。どういう商品が安全なのかということが商品名・メーカー名とともにリスト化されているので買い物をするときの参考になります。無料の小冊子なので、興味のある方はサイトにアクセスしてみてください。

横山秀夫『半落ち』読了。でも、これは半分くらい読んだところで気づいたのですが、以前に1度読んでいました。


白まんじゅう


国道4号沿い、間々田駅前交差点角に、『和田屋』さんはあります。もう何年も前からそこにあるのは知っていたけれど、交差点角という目立つ立地であるため路駐はしにくいし、少し離れたところにある駐車場も狭いため一度も買い物したことのない和菓子屋さんです。

最近、思い切っていってみたところ、とてもおいしくって、もう和菓子屋はここ!と思ってしまいました。全然宣伝とかしていないということでしたが、おかみさんはとっても穏やかで話しやすい方。ご主人は数々の賞をもらっているらしいです。その上、商売っけがなくて、おまけしてくれます。写真の白まんじゅうは私の大好きなこしあんのおまんじゅうですが、1個73円です。3個買ったのですが、200円でいいですよ、といって19円値引きしてくれました。その時々で端数をおまけしてくれるようです。私はあんこものが大好きなんですけど、つぶあんは苦手でこしあん派です。こちらのお店ではおはぎは基本的につぶあんらしいのですが、注文しておけばこしあんで作ってくれるそうです。うれしいですね。
あんこも自分で作ってみたいといつも思っているけれど、手間を考えるとなかなかできません。今年は挑戦してみようかしら。そのときはたぶん自家製米飴で甘みをつけたいですね。




穴なしなので、果たしてドーナツと呼べるかどうか。。。
スーパーの福引きでAちゃんに引かせると何かしらあててきます。
1等のストーブをあてたこともありますよ。で、最近の成果としては、5等のホットケーキミックスを2回あててきました。家にあるホットケーキミックスがまだ残っているので早いとこ消費せねば、と思って久しぶりにホットケーキミックスのおやつを作りました。
バナナ1本をフォークでつぶしてレモン汁をかけておきます。これにホットケーキミックスと豆乳と甘酒(もちろん手作り)をまぜあわせ、油に落としながら揚げてできあがり。このホットケーキミックスは無糖タイプで甘味料がまったくはいっていないので、甘酒を加えてもそれほど甘くないできあがり。なので、仕上げにメープルシロップを少々かけました。東南アジアではおなじみの揚げバナナをイメージして作りました。


クッキー


酒粕のクッキーというだけでも「え?」と思うでしょう?
これはカノウユミコさんの『菜菜スイーツ』にある『きのこと酒かすのクッキー』を作ったのです。なんと『きのこ』もはいったクッキーなんです! 作るのにかなり勇気のいるレシピでした。なんといっても使っているきのこが『生シイタケ』です、私の苦手な。
でも、酒粕とシイタケがあればほぼ材料はそろったも同然。あとは塩と薄力粉と油だけ。材料も作り方もとってもシンプルなので作ってみたくなりました。
できあがりを食べたこどもたちは、『これってパンの耳でつくったんでしょう!』という反応。たしかにパンのような風味もあって、シイタケがはいっているとはまったくわからない。甘味料はなにも入ってないけれど、酒粕の控えめな甘みおいしかったです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。