不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


spa


どうしても「たらこスパゲッティ」を食べたい!と思ったけれど、スーパーのたらこがおいしそうに見えない。
で、穀物のアマランサスを使ってたらこ風スパゲッティを作りました。ぷちぷち感はまさに「たらこ」です。炊いたアマランサスをしょうゆ+梅酢にしばらく漬けておき、ゆでたスパゲッティをみじんぎりにんにくとともに炒めてからからめてできあがり。この写真じゃわかりにくいかな。見かけはともあれ、おいしかったです。
スポンサーサイト


お弁当


県内某所に1日缶詰となる予定だったので、弁当を持参しました。
のり弁に、おかずは、切り干し大根のピーナッツあえ、なすと車麩の煮物、ブロッコリー、ミニトマト。のり弁の上の梅干しはもちろん今年の自家製梅干し。それに前夜の残りである、ウズラ豆入り野菜スープをタッパーにいれました。
タッパーウェアのタッパーなんですが、汁ものがまったくもれないすぐれものでした。これは買ったものではなく、以前梅漬け用にタッパーを買った(詳しくは過去記事参照)ときにサービスでいただいたものです。良さを確認してしまうともっとほしくなりますね。


がんもどき


卵を使わないかわりに長いもをたっぷりいれて作ったがんもどきです。口当たりやわらかいふんわりとしたできあがりです。

材料は、木綿豆腐、長いも、にんじん、さやいんげん、まいたけ。水切りした豆腐はフードプロセッサーでなめらかにし、すりおろした長いも、あらみじん切りしたにんじん、ゆでて小口に切ったさやいんげん、ざく切りにしたまいたけと一緒に混ぜます。片栗粉とすりおろした高野豆腐と塩を加えて混ぜ、食べよい大きさにまるめて低温の油(160度くらい)でじっくり揚げます。しょうゆをつけていただきます。中の具は、ありあわせのものをいれてます。ぎんなんや枝豆、ひじき、きくらげなど、あればいろいろいれたほうがおいしくなると思います。


AちゃんとMくん


毎年繰り返される夏休み終わりのドタバタ劇。泣きながらなんとか宿題を終わることができたけど、来年はMくんも一緒にになって泣くのだろうか・・・



ひじきのあえもの


ベジタリアン料理教室を開いているあな吉さんのブログ「あな吉の、ベジ的ごはん」で紹介されていた長ひじきと切り干し大根のピーナッツ和えを作ってみました。レシピは『do LOHAS』に登録(無料)すると見られるようになってます。
作り方はとっても簡単でした。簡単だけど、ピーナッツバターを手作りしてしまうところがすごいところです。いろんなサイトでも紹介されていますが、ピーナッツをフードプロセッサーにかけるだけで無糖のピーナッツバターを作っています。これなら、添加物なしのピーナッツバターがいつでも手に入ります。スーパーなどではなかなか無糖のピーナッツバターは手に入りませんから。
このピーナッツバターを作りたいがために、最近ピーナッツをさがしていました。地元の農産物販売所に見つけたときには、いさんで買ってしまったのですが、さて使おうと思って表示をよく見たら「原材料名:落花生(中国産)」と書いてあってがっくりきてしまいました。なんで中国産がこんなところで売っているのよー! 買うときには本当に表示にはきをつけなくではいけないようです。 
で、今回使ったのは別のところで買った千葉産のものです。


我が家の肉じゃがは肉がはいりません。なので、肉じゃがではないけれど、家の中では肉じゃがで通ってます。肉ははいらないけれど、車麩がはいります。なので、「麩じゃが」。味付けはもちろん、肉じゃがと一緒です。車麩はボリュームもあり、歯ごたえもあり、とてもおいしいです。

麩じゃが


今日は圧力鍋で作りました。鍋に昆布を敷き、軽くゆでておいた糸こんにゃく、乱切りじゃがいも、くし切りたまねぎ、乱切りにんじんをいれて、ひたひたぐらいに水をいれて、みりんを加えて、圧力をかけてます。自然冷却後、ぬるま湯+しょうゆで戻しておいた車麩を固く絞って食べよい大きさに切って加え、しょうゆで調味します。しばらく煮込んでから、味見して必要ならしょうゆ・てんさい糖を加えて調味します。味がなじんだらできあがり。
昨日がAちゃんの誕生日だったので、彼女の大好物を作ったのでした。食後にはケーキも食べてお祝いしました。でも実はまだプレゼントは渡していません。本当は今日渡す予定でいたのですが、さらに1日延期となりました。
実は、Aちゃんの通う小学校は今年度から夏休みが短くなって明日までなんです。毎年のことですが、Aちゃんは宿題が終わらず四苦八苦しています。今年こそは早めに宿題をする予定だったのですが、やっぱり無理でした。宿題が全部終わったら誕生日のプレゼントを渡す約束をしていたけれど、今日も終わらず。明日最終日は未完成の工作の仕上げが待ってます。


以前、『タンボロッジ』のスローな暮らし記事でも紹介されていたオーガニックレストラン「キッチンカンナ」でお昼をいただいてきました。

日替わりランチ


日替わりランチは、
 タカキビとゴボウのカレー(ごはんは玄米に黒米を混ぜて炊いたもの)
 車麩の肉じゃが風
 五目春雨サラダ
 茄子とピーマンのマリネ(オクラやレンコンもはいってました)
 もちきびのコロッケ(メニューには書いてなかったけど、たぶん)
 漬け物
 みそ汁(モロヘイヤ・みょうが・えのきだけ・油揚げ)

キッチンカンナさんのお料理は、雑穀や野菜・海草・乾物をたっぷり使っていて、砂糖や動物性素材・添加物を使わないマクロビオティック料理です。
調味料も控えめに使われていて、素材の味が生きていておいしい!
これで1000円でした。テイクアウトは750円でできます。
肉じゃが風の味つけが気に入りました。私がいつも作るのはもっとみりんをきかせた甘い味付けなんだけれど、甘さ控えめでこんなにおいしいなら、今度から私もまねてみようと思いました。

ランチだけでおなかを満たすのには十分なんだけれど、せっかくの機会なので日替わりデザートもいただきました。

日替わりデザート


日替わりデザートは
 桃のタルト
ルイボスティーも一緒にいただきました。
先日、私が作ったさつまいもとりんごのタルトに雰囲気似てませんか?(ちょっと無理がある?) 実は私も庭のブルーベリーを飾ろうかなと思ったり、豆腐クリームを絞り出して飾ろうかなと思ったので、「あ、私のタルトのイメージと同じだ!」と勝手に喜んだりしました。でもお味はやはり、かないませんねぇ。まず、クリームの固さが違います。私のはゆるゆるクリームだったので絞り飾りはあきらめたのです。クリームの味も違います。甘さも控えめで美味。豆腐クリームだと豆腐の風味が若干残ってしまう。それはそれで悪くはないけれど。。。このクリームは豆腐使ってないのかなぁ。材料聞いてみればよかったかしら。タルトもしっかり固く仕上がっていました。中の桃はぷるんぷるんで口溶けもいいかんじでした。

そうそう、今日は、娘Aちゃんの誕生日です。『Aちゃん、お誕生日おめでとう』と思いながらいただいたのでした。思うだけでは申し訳ないので、行きがけに見つけた和菓子屋さんで豆大福を買いました。

豆大福


日本一の大福 春木屋工房
の旗を見つけたので。。。 こんなおおげさな宣伝につられてしまいましたが、大福と小麦まんじゅうだけの和菓子屋さんです。お店をかまえて3年くらいということでした。場所は宇都宮市御幸ヶ原町17-13。キッチンカンナからは車で数分のところにあります。

さて、本日、急遽宇都宮へ行くことになったのは・・・
秋をさきどりしたさつまいもとりんごのタルトです。

タルト


卵・乳製品・砂糖不使用のタルトです。甘さ控えめ。フィリングはさつまいもと豆腐で、トッピングはりんごを皮ごとつかってピンク色に仕上げました。お皿に添えたクリームも豆腐でつくった豆腐クリーム。
娘の学童クラブのこどもたちにおやつとして食べてもらいました。甘いのが好きな子たちは「もっと甘い方がいい」という不満もあったようですが、Aちゃんは甘いのが苦手なのでちょうどいいおいしさだったようです。


先日、梅干しが終了して一息ついたのですが、今朝、実はまだ干していなかった残りを干し終えました。先発と後発の梅干し、実は梅漬けのやり方を変えてます。
先発はいつもの梅漬け-ホーローの容器で、梅の重量と同じ重さの重しを使って漬け、梅酢がたっぷりあがってきたら、重しを半分の重さに変えました。5kgの梅を漬けるなら、最初5kgの重しも必要なので、ホーローの15リットルサイズの容器でやると移動もなかなか大変です。
そこで、昨年からやりたいと思っていたのが、重しを使わない梅漬けのやり方です。知人から「軽いし、楽だし、梅の形もきれいだよ~」と聞いて今年こそはそれでやるぞーと思ってました。後発の梅漬けはどうしたかというと。。。
まだまだ「なす」が出回ってますね。焼きなすばかりではちょっと飽きちゃうので、焼きなすをペーストにしてクラッカーにつけていただきました。

焼きなすペースト


作り方は簡単。焼きなす+塩+レモン汁をフードプロセッサーにかけてできあがり。スパイシーなものが好きな方はコリアンダーやクミンのパウダーをいれたらよいと思います。練りごまをいれれば中東風になるかな。でも、なすに味があるので、塩とレモンだけでもおいしいです。


かぼちゃとひじき


かぼちゃの煮物やスープが好きでない夫に食べてもらえるよう作ったかぼちゃ料理です。みじんぎりのにんにくたっぷりを油で炒め、薄切りかぼちゃと水で戻しておいたひじきを一緒に炒めました。最後にしょうゆをまわしかけてできあがり。簡単すぎてレシピというほどのものはないけれど、ごはんにもあうし、酒の肴にもなるおかずです。

この日はスープにもかぼちゃをたっぷりいれてかぼちゃづくしでしたが、かぼちゃ好きのMくんは大満足。
「おかあさん、今日のごはんはぜーんぶおいしいね!」
「よかったね」と答えつつも(いつもはそんなにおいしくないのかなぁ)とひそかに思う私です。





スープ


サイコロ状に切ったじゃがいもとたまねぎのスープです。具が少ないので、これだけではだしがたりない。
じゃがいもとたまねぎは昆布と一緒に少量の水で蒸し煮します。
それから水をたして、スープの素を入れました。
うちで使っているスープの素は顆粒の野菜ブイヨン(生協で購入)か、または左下の野菜スープの素です。
そして、隠し味に使ったのが、できたてほやほやの自家製梅干し。塩分18%でつけた基本の梅干しなので、塩分もたっぷり。なので、梅干し2個分の果肉をペースト状にしてスープに加えて味付け完了。梅干しが嫌いなAちゃんもおかわりするほどのおいしさでした。




スープの素

梅干し


梅干し


お天気の続いた日には外出が続いて、いっこうに干せなかった梅。日曜日に火曜日までは晴れるとの天気予報を信じて干し始めました。ところが今日の予報は雨。今のところお日様もでているので、あきらめずに干しています。今日は1日空を見上げながら過ごすことになりそうです。1日目に干した梅を味見したところ、しょっぱすっぱいいつもの梅干しができていたので、今日1日干せればよい梅干しになりそうです。

斑点の多い悪い梅も漬けてみた(もったいないので)けれど、これはやっぱりできは悪そう。見た目もよくないし、堅いのが多い。やはり最初の選別は重要かもしれない。

ちなみに、我が家の梅干しはすべて白梅干しです。紫蘇の仕込みが面倒なこともありますが、基本的に白梅干しが好きなので毎年これ1本です。


夏の定番、焼きなす料理。しょうゆをかけるだけでもおいしいですね。今回はちょっと趣向を変えて赤レンズ豆とともに食べてみました。

焼きなすとレンズ豆たれ


赤レンズ豆はそのままですぐに煮えるので、夏の豆料理としては頻繁に使ってます。

今回のたれは、赤レンズ豆を堅めにゆでて、しょうゆ、酢で調味し、水溶き片栗粉でとろみをつけただけ。焼きなすにかければいつもよりボリュームアップした一品となります。


先週の長野旅行中に私のデジカメが壊れてしまったため、写真がとれずにブログの更新が滞ってます。下の写真は夫のデジカメを借りてとってます。使い勝手が違うので、どうもうまくとれずに何枚も失敗してしまいました。

さっぱり春雨サラダ


暑い日は暑い! そういう日のサラダは春雨を使うとさっぱりいただけます。ということで、春雨のサラダです。

細切りのきゅうりと油揚げ、トマト、酢漬けこんぶ(だしがらのこんぶを酢に漬けておいたもの)の細切りをあわせ、バンバンジー風ソース(みそ+豆板醤+米酢+てんさい糖+しょうゆ+水)であえました。いつもと違うのは冷蔵庫に残っていた干しエビを使ったこと。ごま油で炒めた干しエビもソースに加えてからあえたので、干しエビとごま油の風味でより中華風の仕上がりになったと思います。



フリッター


フワフワのフリッターです。フリッターというと卵白をあわだてたものを衣に使うのが普通ですが、これは卵なしです。そのかわりにやまいもをすりおろしたものを使ってます。卵がなくてもふんわりとした衣ができます。
衣はすりおろしやまいも+青のり+地粉+しょうゆ少々+しょうが汁少々で作ってみました。お好みの野菜を中温の油で揚げてできあがり。今回は薄切りごぼう、まいたけのフリッターです。食べるときにレモン汁を少々ふりかけていただきます。


夏のイベント、家族旅行は長野県へ行ってきました。すばらしい好天に恵まれ、非常に暑かったです。とはいっても木陰は風もあって気持ちいい。また朝晩は涼しいので、クーラーも扇風機も不要でした。栃木よりはやはり涼しいのかもしれません。
茨城県つくば市のフリークライミングジムにて。AちゃんとMくんの勇姿をちょっとだけ。


Aちゃん

Mくん


最近は各種スポーツをやっている方もダイエットしたい方も結構壁のぼりにきていますね。
Aちゃんは、小さい頃からやっているせいもあるでしょうが、やはり上手です。
Mくんは、気まぐれなので気に入ると一所懸命やってますが、やろうと思ったときに他の人に先に壁にとりつかれてしまうと不機嫌になって泣き出す始末です。いちいちなだめるのが大変です。
私はこどもたちの監視役。昔は少々登ってましたが、最近はスポーツ全然やらなくなりました。健康のためにももう少し体を動かしたほうがいいのでしょうけれど。高所が苦手なので、トップロープでつながっていても上のほうへ登るのはやっぱり怖いんです。

週末は長野県へ家族旅行なので、ブログの更新もちょっとお休みです。


味付けはしょうゆだけ。
レシピの元は昨日に引き続きカノウユミコさんの菜菜ごはんより。

ピーマンとエリンギのまるごと煮


ピーマンをまるごと使うので、へたや種もすべて食べられます。エリンギの食感もいい! ゴミのでないエコ料理でもあります。こういうシンプルでおいしい料理が大好きです。


写真が今一つなので、あんまりおいしそうには見えないかもしれませんが、我が家で大好評のおかずを紹介します。
レシピの元はカノウユミコさんの菜菜ごはんの中の『精進すき焼き』。

すき焼き風煮


元レシピとは異なる材料ですけど、厚揚げ+しらたき+えのきだけ+長ネギを使っています。調味料はしょうゆと甘酒のみ。ここがすごいと思います。詳しいレシピはカノウユミコさんの本を(もちろん買って)ご覧ください。

カノウユミコさんの本は皆、スープやおかずはもちろんスイーツにいたるまで野菜で作られたレシピばかりです。そればかりか、肉・魚・卵・乳製品・砂糖・だしも使っていません。だけど野菜のうまみをひきだしたおいしい料理が多いです。まだすべてのレシピを試したわけではありませんが、これはよさそうだと思って作ってみたものは皆おいしかったです。

菜菜ごはん―野菜・豆etc.すべて植物性素材でつくるかんたん満足レシピ集 菜菜ごはん―野菜・豆etc.すべて植物性素材でつくるかんたん満足レシピ集
カノウ ユミコ (2004/07)
柴田書店

この商品の詳細を見る

ますます菜菜ごはん―野菜・豆etc.素材はすべて植物性楽しさ広がるレシピ集 ますます菜菜ごはん―野菜・豆etc.素材はすべて植物性楽しさ広がるレシピ集
カノウ ユミコ (2005/08)
柴田書店

この商品の詳細を見る


ズッキーニを見ると作りたくなる、夏の定番料理ラタトゥイユ。

ラタトゥイユ


いつもはローリエなどのハーブも一緒に煮込むのですが、今回は塩・こしょうのみの味付けにしました(ちょっと塩を入れすぎてしまった、何せ目分量ですから・・・)。しかもピーマンやパプリカがないことに気がついたのは作り始めてからという失敗も。

でも、ズッキーニとトマトがあれば、ラタトゥイユということで、はずれてないよね。
ズッキーニ+ナス+にんじん+たまねぎ+トマト+かぼちゃ+にんにく+オリーブ油+塩+こしょうで作りました。次回は忘れずにパプリカを入れよう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。