不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長イモのサラダ


ジャガイモのかわりに長イモを使ったサラダです。このアイデアはカノウユミコさんの『ベジタブルでフルコース』から。
元レシピでは手作りの豆腐マヨネーズであえてますが、私のは市販のマヨネーズ(日清のマヨドレ)+梅酢+胡椒で作ったドレッシングであえました。
長イモのほうが火が通りやすいため、ジャガイモを使うときより短時間で作ることができます。そして、とってもなめらかでねっとりとした食感です。ポテトサラダとは違うのですが、すぐには長イモを使っているとはわからないかも。
スポンサーサイト



すだれ麩

すだれ麩


『すだれ麩』って聞いて加賀料理を思い出す方もいるかもしれません。金沢の食材で、治部煮とかにはいっているのを食べたことがあるかもしれません。
が、ここで使っている『すだれ麩』は、茨城県結城市の食材です。名前は同じだし、麩なんですが、中味は全く別物です。
はじめて使う食材だったので、戻し方や食べ方は農産物販売所の方に聞いてきました。塩漬け乾燥されていて、使うときには水戻し&塩抜きが必要です。3~4時間水をかえながら塩抜きすればよいとのことでした。結城では葬式の時の精進料理にはかかせないそうで、煮物などに使うらしいです。遠方からわざわざ結城のすだれ麩料理を食べにくる人もあるらしいです。このすだれ麩を製造しているのは、渡邉製麩店だけだそうです。
B5サイズくらいの板状のものが売られていましたが、私が今回買ったのは切りおとしタイプのもの(安かったので)。

1品は、もどしたすだれ麩を食べよい大きさに切ってキュウリとともにごま酢あえにしました。食感はゆばか、板麩か、はたまたハムかといった感じでおいしい。
もう1品は、片栗粉をまぶして、揚げて、塩を振りました。七味唐辛子をかけてもよさそうなおつまみになりました。
さらに、もう1品は、けんちん風みそ汁の具にしました。ゆばのような感じで違和感なくいただきました。
なんだかはまりそうな食材です。

すだれ麩


<製造元>
渡邉製麩店
茨城県結城市大谷瀬604
電話番号 0296-33-2450


目下私がほしい本の1つが、『ニューベーシックマクロビオティック』です。9月22日に発売されたものの、地元の書店ではみかけません。こういう本はネットで注文しないと田舎では手に入らないのかしら。本は基本的にに手にとってから買いたいほうなので、書店をまわろうと思ったのだけれど、いつも行く書店の1つがいつのまにか閉店していてがっくり。新規店舗がまた書店ならうれしいけれどどうなることやら。



レンコン


ベジタリアン料理を研究しているカノウユミコさんの『菜菜ごはん』より。
万能ネギとすりごまがたっぷりの酢醤油がよく合います。うちでは少し甘みがほしくて米飴やてんさい糖などを少々加えたソースにしてますが、揚げ焼きしたレンコンとマッチしてとてもおいしいです。酒肴によし、ごはんにもあうおかずです。


黒目豆入りトマトスープ


『黒目豆』って、豆料理クラブにはいってから知ったお豆です。ブラックアイビーンとかパンダ豆ともいうようです。その名のとおり、黒い目のような模様が特徴の豆です。実はこの見た目が私はあまり好きでないので、なかなか料理に使わない豆なんです。ササゲの仲間なので、インゲン豆類に比べると小ぶりで煮えやすいです。味はクセがないので、スープやコロッケにしてもおいしくいただけます。いいとこたくさんあるのですが、見た目がちょっと気になります(私は)。

ゆでておいた黒目豆をトマトスープの具に使いました。ニンニク・タマネギ・セロリを炒めてトマト水煮で煮込み、さらにゆで汁ごと黒目豆を加えました。塩、胡椒、シェリー酒、ドライオレガノ、ドライバジルで味と香りをつけてできあがり。豆の煮汁を使っているのでブイヨン等はなくてもおいしいスープになります。

写真の主菜は、ライスコロッケです。中にはマクロビ仕様のチーズもどきをいれて、イタリアンのアランチーニのようにしてみました。普通のソース(ウスターソース+ケチャップ)の他にオーロラソース(ケチャップ+マヨネーズ)も添えました。


ひよこ豆とじゃがいものサラダ


数ある豆の中で「一番おいしい」といってもいいのが、ひよこ豆です。「ガルバンゾー」とか「チックピー」という名前で売られていることもあります。輸入物しかないので、しょっちゅう食卓にのぼるわけではないのですが、スープにいれたり、マリネしたり、マッシュしたりといろいろな食べ方ができるので、重宝します。

サイコロ状に切ったジャガイモやパプリカ、みじん切りしたゆで卵、ゆでたひよこ豆をマヨネーズ入りドレッシングであえました。

下はその日の晩ご飯。

春巻とサラダとスープ


春巻・・・春雨・高野豆腐・ニンジン・モヤシ・干しシイタケ入り。たれは鹿児島産の黒酢+醤油+ケチャップをあわせたもの。
ひよこ豆とジャガイモのサラダ
ニンジンとジャガイモのポタージュスープ


京都の豆屋さんである楽天堂の豆料理クラブの会員になって3年目を迎えます。最初の1年はBasicコース、次の1年は和風総菜コースでした。そして、3年目となった今はこの秋新設されたばかりのハーブスパイスコースを選んでいます。新コースのお豆たちが昨日届きました。

豆


どのコースも、数種類の豆とスパイス(和風総菜コースはスパイスはほとんど登場しないのでありません)、その他に何か-例えば、ひじき・バルサミコ酢・タヒニなどいろいろ-同梱されてきます。
今回のハーブスパイスコースは、写真左上から反時計回りに、玄麦(裸麦)200g・黒目豆300g・貝豆300g・ひよこ豆300g・スパイスセットでした。そしてお豆を使った12種類のレシピ。

Basicコースの続編という形のこのコース、世界の豆料理とスパイスを使った野菜料理を中心にレシピを紹介してくれる予定です。
Basicコースは月1回の配送ですが、和風総菜コースとハーブスパイスコースは2ヶ月に1回の配送です。なので、次回は11月。それまでにこの12種類のレシピを試してみたいと思います。


書店でみかけることはまずないでしょう。Amazonで検索してもでてきません。だって、出版元のホームページ上でさえ紹介されてませんから(笑)。でも、出版元に電話したら売ってくれました。
定価2000円、郵送料250円でした。
穀菜食の舎(こくさいしょくのいえ)
須永家のお弁当レシピ

本


須永さんという寺を持たないお坊さんがこどもたちに作ったお弁当の写真と作り方(分量とかは載ってません、手順がざっくり書いてあるだけ)の載っている料理本です。いつも目分量で料理を作っている私にぴったりの料理本なのです。
穀菜食のお弁当なので、肉・魚・卵・乳製品を使っていない精進料理のようなおかずばかりで構成されています。でも、と~ってもおいしそうなんです。
調味料もシンプルです。酒もほとんど使われてません。

この本をはじめて見かけたのは「会津自然食の宿・タンボロッジ」です。泊まる度にほしいなぁと思っていた本なのでした。

著者は
 須永晃仁
出版元は
 (株)博進堂コミュニケーション事業部
 TEL 025-271-2675
 URL http://www.hakushindo-com.co.jp/

<コピー、引用ご自由にどうぞ>とあるので、本の中味を一部紹介します。

本のページ


写真は2002年10月1日のお弁当のページ。

高野豆腐の磯辺焼き
煮物の高野豆腐の余り利用。衣(地粉、塩、水)をつけ、のりで巻いてオーブンかフライパンで油焼きする。

もやしとエリンギのソテーしょうゆ味
エリンギは塩を振って、空煎りしてから、蓋をして蒸し煮する。水分が出てきたらもやしを入れ、水分が飛ぶまで炒めて、しょうゆを回す。
  


夫実家よりいただいた梅味噌を使って、シシトウを味噌炒めにしました。

シシトウの梅味噌炒め


なんてことはないおかずですが、シシトウの味噌炒めは、作るたびにいろいろ思い出がよみがえります。山登りをしていたころによく作ったおかずなんです。
テント泊自炊の場合、少しでも荷物は減らしたいんです。でもご飯はしっかり食べたい。そんなときによく持っていったのがシシトウです。軽い、すぐに調理できる(生でも食べられるし)、ご飯にもあうし、酒肴としても悪くない。昔は油でいためたシシトウを味噌+酒(+砂糖少々)でからめて作っていました。今回はおいしい梅味噌があるので、調味料はこれだけ。シンプルでおいしい。これが一番です。
敬老の日にあわせて娘Aちゃんがクッキーを焼いて箱を手作りをしました。直接届けたいということもあり、夫実家へ遊びに行ってきました。

煮物と梅味噌だれ


写真の煮物は、お土産にいただいた煮物です。味がしみていておいしい。
いつもと違うのは、写真の左側に小さく写っている味噌だれ。これもお土産にいただきました。青梅を味噌に漬け込んで作ったお手製の味噌だれだそうです。はじめていただきました。梅を使っているのでしょっぱいのかなと思ったのですが、全然予想と違ってました。さわやかな梅風味の味噌だれで、煮物のこんにゃくと相性もよく、とてもおいっしかったです。ごちそうさまでした!


コロッケ


いつもならパン粉をつけてコロッケを作るのだけれど、今回は小麦粉だけを衣につけて揚げた「のっぺら」コロッケにしてみました。

ジャガイモ・ニンジン・タマネギをゆでてマッシュし、しょうゆ・てんさい糖・塩・こしょうで調味し、つなぎに片栗粉と玄米粉をいれて形を作り、小麦粉をはたいて油で揚げました。
口当たりのよいコロッケとなりました。



かぼちゃドーナツ


タンボロッジで食べたカボチャドーナツを思い出しながら作ったドーナツです。
カルダモンとクローブを入れたお湯で蒸し煮したカボチャをマッシュしたものに、米飴と小麦粉と上新粉と重曹少々を混ぜた生地を作ります。手でドーナツの形を作って揚げました。イーストや天然酵母液を入れて少し発酵させたほうがよいかもしれませんが、ゆっくり寝かせる時間がなかったので重曹を使いました。次回は酵母液を使って作ろうと思います。
形はどうあれ、おいしかったようで、Mくんが1人で何個もパクついてました。




ナスが出回っていて安いので助かります。連日なにかしらナス料理を作っています。

麻婆茄子風


我が家では定番の肉なし麻婆豆腐同様、これも肉ははいりません。でも、きのこたっぷり、さらに高野豆腐もはいってボリュームに問題なし!

お好みのきのこ(シイタケ・エリンギなど)・長ネギ・ニンニク・ショウガ・ぬるま湯で戻しておいた高野豆腐をフードプロセッサーにかけてみじんぎりにします。ナスは細切りにして塩して少ししんなりしたら水でサッと洗っておきます。ニンジン・ピーマンも細切り。油でみじん切り野菜を炒めて、細切り野菜をいれてさらに炒め、調味液(だし汁+しょうゆ+酒+みりん+みそ+米飴+豆板醤)を加えて炒め煮し、水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。

昨夜はさらに・・・
どこの家庭でもよく作られる常備菜の1つが『きんぴらごぼう』だと思います。我が家でも昔から作ってきましたが、昨年から作り方を変えています。

きんぴらごぼう


NHKの『ためしてガッテン』で覚えた作り方を一部とりいれています。
詳しい放送内容はこちらをご覧ください。

<ガッテン流の作り方>
1.ごぼうとにんじんは、皮むき器で千切りにする(※注)
2.ごま油で、ごぼうを唐辛子と一緒に炒め、火が半分くらい通ったところでにんじんを加えて炒める(5~6分)。
3.火が通ったら、最初にしょうゆを加えて全体になじませ、最後にお酒でいため煮する。
※注:皮むき器を使った千切りの方法:
皮むき器を食材の表面にあてて、かんなのように皮をけずって集める。集めた皮を長さ5センチになるように、やや斜めにして千切りにする。

ごぼうもにんじんも皮はむかないし、ごぼうは水にさらしてアクぬきしたりしません。このあたりは以前からやっていたので同じ。
ガッテン流はピーラーを使って千切りにします。でも私は歯ごたえがあったほうが好きなので、今までどおり包丁を使ってます。
我が家が取り入れたガッテン流は味付けなんです。
油でいためて、しょうゆそして酒で調味する、この部分です。砂糖やみりんを使いません。順番も最後に酒をいれるのがポイントだそう。
こんなシンプルな作り方であっさりしたきんぴらごぼうができてしまうのでびっくりしました。
簡単でおいしい! なので、この番組を見てからは、この作り方が我が家の定番となりました。


musiyasai


圧力鍋で野菜(ナス・タマネギ・ニンジン)を蒸しました。
ししとうとエリンギはオーブントースターで焼いて。
添えたソースは、トマトの水煮缶(1/3)+すりおろしニンニク+味噌+シェリー酒を少し煮詰めて作ったもの。
蒸しただけ、焼いただけの野菜だけれど、甘みがあっておいしい。


やさい生活★きれい生活』のなすのコクあるゴマ煮がとてもおいしそうだったので、作ってみました。




うちにはミルサーはないので、バーミックスのスーパーグラインダーを使ってごまをすりました。ドレッシングやあえもの用にちょこっとする場合は小さなすりばちを使っていますが、今回はごまをたっぷり使うレシピだったので、バーミックスを使いました。

なすがとろけそうなぐらいにやわらかく煮えて、しかもごまでコクがでていておいしい。SHIHOさん、ありがとうございます!


栃木県佐野市にあるベジレストラン。佐野市に所用があったので、ランチはここでいただきました。
肉・魚・乳製品を使わないマクロビオティック料理を食べることができます。メニューは本日のきまぐれ昼ごはん1種、本日のデザート2種、飲み物3種のみ。
9月上旬のこの日は、残暑で少し蒸し暑い日でした。夏から秋へと切り替わるこの時期、この夏最後の夏野菜をいただくようなメニューでした。



前菜

野菜スープ


前菜は、『なすとピーマンの油味噌』。なすもピーマンもやわらかくなじんでいておいしい。
スープは『昆布だしの野菜スープ』。7・8月は冷製スープを出していたそうですが、9月からは温スープ。でも具材は夏野菜がたっぷり。きゅうりがあっさりとしていておいしい。浮き実のグリーンは人参の葉。

Nora-main0905.jpg


メインのお皿にはワンプレートにたくさんのおかず。
手前から時計回りに
『車麩のステーキ リンゴソース 木の子 オクラ 人参添え』
   マイタケの香りがいい! ミニ人参も甘みがあっておいしい!
『ひじき煮』
   しょうゆだけで煮込んでいるそう。あっさりした煮物です。
『大根の浅漬け 玄米甘酒からめ と みょうがの梅酢漬け』
   メニューには書いてなかったので私が適当にネーミング。
『じゃがいものサラダ』
   最後の枝豆かな。
ごはんは『玄米赤米ご飯』
   農林42号(?)という玄米。少し小粒だけれど甘みがあっておいしい。 

デザート


よくばって2品いただきました。なにせめったにこれないお店なので。
本日のデザートは
『小豆と抹茶のケーキ 梅ジャム添え』
   ケーキの甘みは米飴のみ。甘酸っぱい梅ジャムととてもあう。
『フルーツパフェ』
   黄色すいかもはいっている。クリームはポンセンクリーム。
穀物コーヒーとともに。

2日ごとにメニューが替わるので、いつ行っても同じ料理はないかもしれない。一期一会。季節にあわせた料理作りに頭が下がります。
料理教室をやってほしい、と要望してきちゃいました。

<お店情報>
Nora(ノラ)
住所:栃木県佐野市堀米町338-1
電話番号:0283-23-0087(10:00~17:00)
営業日:火・水・金・土 ただし祝日は休み その他臨時休業有り
営業時間:11:30-17:00(ランチのラストオーダーは14:30)
駐車場6台分有り
席数 12席
店内禁煙

席数が少ないので電話予約してからでかけるほうが確実です。


大豆たんぱく


自然食品店などで見かけたら買い置きしているのが、これ。大豆たんぱくや小麦たんぱくなどの乾燥品。唐揚げを作るのにちょうどいい大きさのものや、薄切り、細切り、ミンチ状のものもあり、肉の代用になります。

大豆からあげ


今回は大豆たんぱくを使った唐揚げです。
ボールに大豆たんぱくをいれて熱湯をかけ、20分~30分で戻します。お好みの調味液(我が家のはしょうゆ+酒+にんにく+しょうが)をもみこんで下味をつけ、片栗粉をまぶして、揚げます。
鶏肉のような、そうでないような食感なので、こどもたちは、鶏のからあげと思いこんで「おいしい~」と言って食べてます。大豆でできているとは思えない不思議な食材です。


サラダ


タラモサラダというと通常タラコを使うと思いますが、たらこ風スパゲッティのときに作ったアマランサスのしょうゆ漬けを使って作りました。ゆでたじゃがいもをマッシュしたものとアマランサスのしょうゆ漬けを混ぜてできあがり。スパゲッティもおいしくできていたけれど、このポテトサラダもおいしかった! 
アマランサスをしょうゆ(+梅酢)漬けにしたものは冷蔵保存しておいても大丈夫なので、使い勝手がいいです。


ピザ


昼食に作ったピザ。
ピザ生地は、りんご酵母液+強力粉+グレープシードオイル+塩を混ぜ、ホームベーカリーで練り10分、発酵1時間させて、のばして作りました。りんご酵母液は以前作って冷蔵庫で寝かせておいたもの。シュワシュワしていてちょうどいいかんじなので、ピザにちょうどいいかなぁと思って使ってみました。
写真のピザの具は、アンチョビ+たまねぎ+トマト+ズッキーニ+しめじ。もう1種類はこどもたちの希望でベーコン+たまねぎ+トマト。

酵母を使ったピザの作り方は『酵母ごはん』にのっていますが、本の中ではローズマリー酵母で作っていました。きっとハーブの香り豊かなピザなんだろうと思います。今家にある酵母はりんごだけだったので今回はりんご酵母のピザにしましたが、りんご酵母は万能酵母だと思います。マリネ液に使ってよし、煮込み料理に使ってよし、パンにしてよし、ピザにしてよし。他の調味料をあれこれ使わずともうま味がでてなんでもおいしくなります。


今週は外出する日が多い。といっても行った先で1日缶詰なので、弁当を持参している。

お弁当


のり弁を基本としているのはいつものこと。おかずとして、なす・たまねぎ・高野豆腐を炒めたものを作ってみました。高野豆腐は残り物のみそ汁に一晩つけおきもどし、細切りにしたもの。野菜と一緒に炒めて、味付けはしょうゆと酒だけ。きんぴらのように炒りつけました。なかなかおいしい。
うずら豆の甘煮も自分で作ったので甘さ控えめ。

今日もこれから1日県内某所へでかけて1日缶詰。でも弁当は作ってないので、コンビニに寄って行くしかないかなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。