不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大根と厚揚げ


聖護院大根といえば京野菜ですね。栃木県在住なのでそこらで京野菜が売っているということはありません。なので、料理するのも食べるのは実ははじめてなんです。
この聖護院大根は実家の父が家庭菜園で育てたものです。先日の生活発表会の日に持ってきてくれました。『大きなカブ』という雰囲気で本当に大根なのかなぁと思いながら調理しました。皮をむくときの感触はカブっぽくて全然大根という感じがしません。でも煮てみたら、カブのように煮くずれをおこすようなこともなく、しっかり大根の味がしました。不思議です。
今回は大根と厚揚げを一緒にじっくり煮ました。

ところで、
続き・・・
スポンサーサイト


ギョウザ


また作っちゃいました、『ニンジンギョウザ』。
8割はニンジンのみじんぎり、あとは長ネギとシイタケというとってもシンプルなギョウザ。こんな野菜料理はもちろんカノウユミコさんの『菜菜ごはん』に載っています。何度も作っていて、具も少しずつかえてバリエーションを楽しんでいます。しかし、ギョウザって焼くのが難しいですね。最後にフライパンとくっついてしまって無理矢理はがそうとして皮がやぶけてしまうということも多々あります。まぁ9割うまくいけば成功と思っています。

さて、ここからは保育園話。
サラダ


わが家の定番サラダの1つがこの「海苔ツナサラダ」。
レタスがたっぷり食べられます。フレンチドレッシングをベースにツナとちぎった海苔とレタスを混ぜるだけ。この日のサラダにはスライスしたタマネギも加えています。ドレッシングにはディルとしょうゆを加えていつもとは違う風味にしています。
実はAちゃんの大好きなサラダなので、ボールいっぱいに作ってもあっというまになくなります。


チャンプルー


時間のないときに大助かりのビーフン。
写真のは赤米ビーフンです。1分間熱湯に浸してもどすだけ。
炒めた野菜や豆腐と一緒にあわせてお好みの味で調味するだけなのでとっても簡単。今回はしょうゆとてんさい糖を使って甘辛にしてみました。豆腐とニラとビーフンの組み合わせがなかなかおいしかったです。
唯一いつも失敗するのはビーフンの量です。乾燥の状態だと小さいなのでついついたくさんもどしてしまうのですが、あっというまに量が増えてびっくり。今回もちょっともどしすぎました。Aちゃんが好きでたくさん食べてくれるから、まあいいかなぁ。

ここから保育園話。
トマトソーススパゲッティ


栃木県小山市内で所用をすませた後、お気に入りのコーヒーハウス『じゃむじゃむ』で少し遅めのランチをいただきました。
トマトパスタセットです。写真に写っているトマトソースのスパゲッティと味噌汁のほかに、サラダ、バナナシフォンケーキ、コーヒーがついてます。

店内はいつもいろんな音楽がかかっています。ジャズだったりクラシックだったり。本日は『涙そうそう』とかでした。夏川りみさんのがかかったり、BEGINのがかかったりしてましたが、マスターが小声で歌っていたのを聞き逃しませんでしたよ。
他にほとんどお客がいなかったので、私は来月受ける某試験のための勉強に熱中できました。家でやるより集中できます。

帰り際に、パンフレットを1枚いただきました。

パンフレット


なんとハート型です! ステキですよね。
宇都宮美術館の企画展『宇都宮美術館開館10周年記念展 シャガール、その愛のかけら』のパンフレットです。普通のパンフレットだったら特に保存したりしないのですが、これはハート型でおもしろいです。とっておこうと思います。また、シャガールは好きな画家でもあるので、期間中に1度行ってきたいなぁと思います。詳細は美術館のホームページにでていますので、ご興味のある方は確認してみてください。

会 期 : 2007年2月10日(土)~4月8日(日)
開館時間 : 午前9時30分-午後5時[入館は午後4時30分まで]
休館日 : 毎週月曜日、ただし2月12日 (月)は開館、2月13日(火)、3月22日(木)は休館
毎月第3日曜日(2月18日、3月18日)は「家庭の日」のため、ご家族で来館された高校生以下はすべて無料、同伴の大学生・一般の方は半額となります。



大豆ハンバーグ


ゆでた大豆をマッシュしたもの+炒めたキャベツ・タマネギをあわせて小麦粉を加えて形を整え、オーブンで30分焼きました。
いつもは紙のオーブンシートを使うところですが、今回は先月購入したタッパーウェアのオーブンシート(写真の赤いシート)を使っています。シリコンでできていて、洗うのも簡単だし、やわらかくて丸めることができるので収納の場所もとらない。とっても便利です。値段が高いので買うと決めるまでには時間がかかったのですが、思い切って買いました。長い目で見ればペイするかなぁと思ってます。

本日は、Aちゃんの授業参観でした。英語の授業です。ゲームをとりいれて英語に親しめるように、という内容なのでほとんど遊びです。
それでも来月あたりは簡単な英語劇をする予定だそうです。


野菜カレー


数ヶ月前より、毎週月曜日は夫の休肝日となっています。
そのため、この日はごはんがたくさん食べられるメニューにしています。
本日は久しぶりにカレーライスです。しかも市販のカレールーを使うのは本当に久しぶりです。
具は、無農薬無肥料のジャガイモ、有機栽培のニンジン、ピロール農法の大豆といった具合にちょっとこだわりの野菜を使っています。
カレー好きのMくんはもちろんおかわりしました。それほどカレーが好きでないAちゃんはカレーのおかわりはしませんでしたが、根菜味噌汁とマカロニサラダはしっかりおかわりしました。

保育園より今度の日曜日の生活発表会のプログラムができあがってきました。年長組保護者の劇が「トリ」となるようです。練習もあと1回となり、最後の通し稽古が近づいています。だんだんどきどきしてきました。



キヌア入りトマトスープ


南米原産のキヌアを入れたトマトスープです。小さすぎて写真ではわかりませんが、たしかに入れてます。ホウレン草と同じアカザ科の植物ということで、ホウレン草もトッピングしてみました。クセがないので、雑穀の感覚でスープにたっぷりいれてもなじんでくれます。

さて、週末のスキーのせいで、私はまだ筋肉痛をひきずってます。

大根ステーキ


まだまだ大根がおいしいですね。
ゆでた大根の表面に切り込みをいれておきます。フライパンにごま油としょう油をいれて大根を並べてじっくり両面を焼きます。
できあがりにはお好みで柚子胡椒をといたしょう油をかけてもおいしいです。

さて、今日の夕飯でMくんは5杯ごはんを食べました。新記録です。なんだかお腹がすいているといってはおかわりしてました。おかずは1杯目ですべて食べ終わったので、その後は納豆だけをおかわりしていたので、納豆のミニカップも4個食べました。すごいです。

17日は旧暦の大晦日ですね。
わが家は越後湯沢へスキーに行く予定です。日帰りなので、早朝出発、帰りも遅いでしょう。いい雪に恵まれるとよいのですが。


ジャガイモ焼き


館林のマイホームラボ自然食品館にて、ジャガイモを購入しました。無農薬無肥料栽培の銀手亡豆で有名な北海道は北見の秋場農場のジャガイモだそうです。
無農薬無肥料のジャガイモならとっても安心なので、皮までしっかりいただきました。
うすくむいた皮は上新粉をまぶして油であげて「皮チップス」に。皮をむいたジャガイモは千切りにして塩・胡椒してフライパンにしきつめてじっくり蒸し焼きに。こうやってシンプルにいただくのが一番おいしいです。


八宝菜


私の頭の中では『八宝菜=8種類以上の食材を使った野菜炒め、最後に水溶き片栗粉でとじる』というイメージなので、何がはいっていてもいいからとにかく8種類以上入れることを目標に作っています。
今回は、白菜、人参、シイタケ、マイタケ、もやし、キクラゲ、長ネギ、油揚げの8種類を使っています。春ならタケノコをいれたいですね。


チョコレート


バレンタインデーのためにフライングして作ったチョコレート。Aちゃんの手作りチョコはクランチチョコです。
何かの本に書いてあったらしく、「世界ではバレンタインデーは親しい人と(チョコレートに限らず)プレゼントを交換しあうんだって。だから、お母さんにもあげるから、私にもちょうだいね」というAちゃん。しっかりしてます。このチョコも家族全員(本人も含めて)のために作ったそうです。

実は裏話があります。チョコレートを作るというので、材料は何が必要なの?と聞いたところ、「ココアバター」と答えたAちゃん。「ココアバター? それってチョコの原材料だよね? もしかしてカカオ豆やらなんやらからチョコレート作るつもりなの? どこにそんな作り方が書いてあったの?」と聞いたら、どうやらチョコレート菓子の原材料表示欄を見て、必要なものだと勘違いしたらしいです。

ところで、本日、グリーンピース・ジャパンの遺伝子組み換え問題サイトより申し込んでおいた『トゥルーフード・ガイド』が届きました。よく大豆製品などに『遺伝子組み換えではありません』などの表示がありますが、そういう表示があっても原料に遺伝子組み換えの原料が使われていることがあるそうです。どういう商品が安全なのかということが商品名・メーカー名とともにリスト化されているので買い物をするときの参考になります。無料の小冊子なので、興味のある方はサイトにアクセスしてみてください。

横山秀夫『半落ち』読了。でも、これは半分くらい読んだところで気づいたのですが、以前に1度読んでいました。


甘酢炒め


肉の替わりに『大豆からあげ』を使った酢豚のようなものです。
もともと酢豚は大好物で、よく作っていたし外食で中華料理屋にいけば食べたくなるメニューの1つでした。
ここ1~2年はほとんど肉を買うことがなくなったので普通に酢豚を作ることはなくなりましたが、甘酢炒め自体は相変わらず好きなので、ときどき大豆からあげを使って酢豚風の甘酢炒めを作っています。

大豆からあげは大豆たんぱくのブロック状の乾物なので保存もきくし、戻して調味液につけこんで揚げるとまさに鳥の唐揚げのようになるおもしろい食材です。

さて、昨日のわが家は

白まんじゅう


国道4号沿い、間々田駅前交差点角に、『和田屋』さんはあります。もう何年も前からそこにあるのは知っていたけれど、交差点角という目立つ立地であるため路駐はしにくいし、少し離れたところにある駐車場も狭いため一度も買い物したことのない和菓子屋さんです。

最近、思い切っていってみたところ、とてもおいしくって、もう和菓子屋はここ!と思ってしまいました。全然宣伝とかしていないということでしたが、おかみさんはとっても穏やかで話しやすい方。ご主人は数々の賞をもらっているらしいです。その上、商売っけがなくて、おまけしてくれます。写真の白まんじゅうは私の大好きなこしあんのおまんじゅうですが、1個73円です。3個買ったのですが、200円でいいですよ、といって19円値引きしてくれました。その時々で端数をおまけしてくれるようです。私はあんこものが大好きなんですけど、つぶあんは苦手でこしあん派です。こちらのお店ではおはぎは基本的につぶあんらしいのですが、注文しておけばこしあんで作ってくれるそうです。うれしいですね。
あんこも自分で作ってみたいといつも思っているけれど、手間を考えるとなかなかできません。今年は挑戦してみようかしら。そのときはたぶん自家製米飴で甘みをつけたいですね。


凍り豆腐煮物


乾物の凍り豆腐ではなく、冷凍庫で凍らせて解凍した自家製凍り豆腐を使ってます。豆腐をまとめ買いしてしまうと、うち1つは凍らせておこうと思うようになりました。乾物をもどしたのとは違う食感にはまります。その他の材料・味付けは肉じゃがと一緒。ただ豆腐を煮るときよりもずっと味がしみこみやすくてジューシーです。

さて、金曜日というとわが家のAちゃんは『お楽しみ』があります。テレビで『きらりん☆レボリューション』というアニメがあるから。この日は買い物しなくていいから早く帰ろう、とせかされます。録画予約はしないので、その時間に帰らなければ見られないからです。歌がはじまるなり、テレビの前で一緒に歌って踊ってます。さすがにMくんはこのアニメには興味がなさそうで、その間DSを1人じめしています。Aちゃんの踊っているところをイラストにしようと思っているのですが、なかなか上手く描けません。動きが激しくってついていけてない私。


パスタ


ちょっとタイトルが長すぎたか。
柚子胡椒をきかせた大人向けメニューです。作り方は簡単。
パスタを塩ゆでする。同時進行で細切りにしたブロッコリーの茎部分(なくてもいい)とヒラタケ(普通のシメジでもいい)をバター(オリーブオイルでもいい)でよく炒める。パスタのゆで汁としょう油と柚子胡椒少々を加えてソースを作り、最後にゆであがったパスタにからめて、できあがり。柚子胡椒は本当に少々で大丈夫。小さじ半分もいれなくたって十分にピリ辛柚子風味が楽しめます。

本日、私のパソコンのウィルスソフトを変更しました。今まではノートンでしたが、今度はウィルスセキュリティというやつ。更新料無料というのがいいところだが、果たして使えるやつなのかどうかはまだよくわからない。




穴なしなので、果たしてドーナツと呼べるかどうか。。。
スーパーの福引きでAちゃんに引かせると何かしらあててきます。
1等のストーブをあてたこともありますよ。で、最近の成果としては、5等のホットケーキミックスを2回あててきました。家にあるホットケーキミックスがまだ残っているので早いとこ消費せねば、と思って久しぶりにホットケーキミックスのおやつを作りました。
バナナ1本をフォークでつぶしてレモン汁をかけておきます。これにホットケーキミックスと豆乳と甘酒(もちろん手作り)をまぜあわせ、油に落としながら揚げてできあがり。このホットケーキミックスは無糖タイプで甘味料がまったくはいっていないので、甘酒を加えてもそれほど甘くないできあがり。なので、仕上げにメープルシロップを少々かけました。東南アジアではおなじみの揚げバナナをイメージして作りました。


豆腐ハンバーグ


『豆腐ハンバーグが食べたい!』というAちゃんのリクエストで作りました。久々の豆腐ハンバーグです。
わらのごはん』のレシピを参考に重ね煮で作ってます。生シイタケ+タマネギ+ニンジンを重ね煮しておきます。豆腐は水切りしておきます(私は沸騰した湯に豆腐をくずし入れて2~3分ゆでて、その後ザルにあけて水切りすることが多いです)。重ね煮した野菜と水切りした豆腐とすりおろした大和芋をまぜあわせて塩で調味し、成形してフライパンで焼きます。『わらのごはん』にはしょう油ソースをかけていただくとあるのですが、いつもポン酢しょう油か、ウスターソース+ケチャップのあわせソースで食べることが多いです。
写真奥の水菜は柚子胡椒入りのドレッシングであえています。最近、柚子胡椒にはまっています。鍋にもあいます、ピリ辛で。

ところで、このところ本に囲まれています。先日も図書館で9冊借りました。うち3冊は、最近にわか”横山秀夫”ファンとなっている夫のために単行本を借りてきました。がうち2冊は読了していたことが判明。せっかくだから私が読もうかとも思ってます。しかし、知人より借りている西村京太郎の十津川警部ものもまだ手元にあり、さらに夫が買った文庫本の横山秀夫の短編集も気になるところで。。。当分活字に飢えることはなさそうです。



1月28日の味噌作りの様子を記録しておきます。

<今回の材料>
有機栽培大豆(乾燥) 1.64kg
無農薬米使用の米麹 4kg
塩(玄米酵素の『元気塩』) 0.9kg+0.1kg(重し用)
種水(大豆ゆで汁) 350CCの予定で実際使ったのは100CC
酒粕酵母液 少々

大豆・麹・塩は地元の自然食品店にて調達。できあがり味噌量を約9kgとして、塩分約10%甘味噌用の配合で材料を用意してもらいました。


圧力鍋に入れた大豆

一晩水に浸した大豆の半量を圧力鍋へ。
わが家の圧力鍋は5リットルサイズなので2回にわけてゆでます。
水は大豆の8割程度を目安に少なめにいれます。
中フタをしてしっかりフタをします。
最初は中火、圧力がかかってから弱火で10分圧をかけ続けます。
火をとめてから自然冷却でできあがり。
残りの半量も同様にゆでます。

煮大豆

指の腹で押せば簡単につぶれるほどのやわらかさ。
この煮大豆だけでもとてもおいしい。

マッシュ大豆

バーミックスという電動ハンドミキサーでマッシュしていきます。
3~4分で、あっというまにマッシュ大豆のできあがり。
これがまたとてもおいしい。スティック野菜がほしくなります。

酒粕酵母を塗ったところ

マッシュ大豆が人肌に冷めたら、大豆を煮ている間に塩切りしておいた米麹+塩(これも半量ずつにわけておく)と混ぜ合わせてよく練り、梅干し作りにも活躍した日本タッパーウェア社のマキシクイーンデコレーターという容器に詰めていきます。このときハンバーグを作るときの要領でまるめて大きな団子状にしたものをたたきつけるように容器の中に投げ入れます。空気をぬきながら詰めていくためです。
もう半量のマッシュ大豆も同様の作業をしていきます。
縁や側面などについたマッシュ大豆は濃い塩水(分量外)を含ませたキッチンペーパーできれいにふきとっておきます。
味噌だねをならした表面には酒粕酵母液をうすく塗っておきます(カビ防止になるそうです。酵母液はリンゴなどお好みのものでOK)。

仕上げ

ラップをすきまができないようにぴったりと貼り付けます。
その上に重し用の塩をまきます(ラップが持ち上がらないようにするためです)。
味噌だねがすっかり冷めたらフタをしっかり閉めて完了です。



玄米カボチャ


今日は満月です。旧暦師走もそろそろ終わりですね。あと半月で新年を迎えます。2007年用の旧暦カレンダーも明日には届く予定です。
上記写真のメニューは昨夜のもの。はじめはカボチャのクリームコロッケを作る予定で料理を開始しました。
1.カボチャを蒸し煮しながら、冷凍してあった玄米ごはんも網にのせて同時解凍。
2.フードプロセッサーに1と豆乳をいれて撹拌してクリーム状に。
3.2に塩・胡椒・オールスパイスで調味。
4.タマネギのみじん切りを用意。ここでフライパンでタマネギを炒めて3に加える・・・
というはずでしたが、みじん切りしたタマネギを炒めずにいきなり3に混ぜ込んでしまいました。
これをコロッケのタネとすることもできなくはないけれど、なんとなく半生タマネギがコロッケの中に残ってしまうことを想像したら、もうコロッケを作る気力がなくなってしまいました。なにせ、どうせ炒めるからと思って思いっきり粗みじん切りにしてしまったタマネギでしたから。
というわけで、このあと、フライパンに油をしいて、じっくり蒸し焼きにすればよい、と思い立って・・・
という考えはよかったのですが、ここでもまた失敗。小さめのものを何個か焼くつもりが、いきなりフライパンにどばっとあけてしまったため、フライパンいっぱいに広がって上の写真のようになりました。(これじゃひっくり返すことはできません。)
じっくり片面焼きということになりました。
味は、おいしいです! ということで結果オーライかな。
満月の前後はどうもいろいろ起こります。なんとなく精神的に不安定になりやすいし、夜中に急に目が覚めてしまったりすることも。事故も多い時期なので外出はひかえたほうがいいですね。まぁ、料理の不手際はあんまり関係ないかもしれませんが(笑)。

ここからは家族の話。
ポテトグラタン


雑穀を使ったグラタンソースでポテトグラタンを作ってみました!
『ヒエ』を3倍量の水で炊いたものを豆乳でのばして塩で調味しておきます。
グラタンの中味は、薄切りにしたジャガイモとタマネギをよく炒め、残り物のトマト水煮を加えてさらに炒め、塩・胡椒・オレガノ・シェリー酒で調味します。
耐熱皿にグラタンの中味を敷き詰め、その上にヒエのグラタンソースをのせて、200度に予熱しておいたオーブンで20分ほど焼いてできあがり。
こどもたち(特にAちゃん)に大好評でした。残ったらコロッケの具にしようと思っていたのですが、見事に完食されてしまいました。
グラタンの中味は、あればマッシュルームやほうれん草などを加えていれてもおいしいと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。