不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グラタン


大橋農場でホウレン草を買ったのですが、これが大きくてしっかりしたホウレン草でした。たっぷりの湯で軽くゆがいたものをグラタンにしました。みじん切り玉ねぎ+玄米粉+ひえ粉+野菜ブイヨン+豆乳で作るグラタンソースはあっさりしていて飽きがこないです。

実は昨日からメニューに困っています。
続き・・・
スポンサーサイト


うどん


Mくんの保育園では延長保育時間になると延長保育希望のこどもたちに「おやつ」がでますが、手作りで夕飯のかわりになるようなものを用意してくれます。おにぎりと具だくさん味噌汁とか焼きうどんとかチャーハンとか。今週、Mくんも1度利用してますが、その日のおやつは「うどん」でした。ちょうど迎えに行ったときにみんなでおいしそうに食べていたので、のぞいてみると、煮干しでとっただしに野菜ときのこがたっぷりはいってました。梅干しもはいっているようで、Mくんはちょっと苦手そうでした。麺は細めで稲庭うどんのよう。みんな2回も3回もおかわりしていました。もちろんMくんも。

これだけ食べたらMくんの夜ごはんはなくてもいいなぁと思ったので、この日はAちゃんと私は稲庭うどんにして2人で食べました。夫は帰りが遅いということで夕飯は自分で、ということでお願いしました。

Aちゃんの希望は「きつねうどん」。甘く煮付けたお揚げさんが好きだから。そこへきのこや野菜もたっぷりいれて温泉たまごとセリをトッピング。ボリュームたっぷりの稲庭うどんにしました。


レンズ豆入りハンバーグ


今日リンクにのせたばかりのブログ『vege dining 野菜のごはん』にステキな料理の数々がアップされています。その中でも『玉ねぎだけのハンバーグ』に感銘を受けて、よし、作ろうと思いました。
いざ、作ろうと思ったら玉ねぎの在庫が少なくて、どうしようかと考え、レンズ豆を加えて増量することにしました。そういうわけで、まだ『玉ねぎだけのハンバーグ』は再現できていないのですが、レンズ豆入りもなかなかよいです。
つけあわせの『温キャベツのケッパーサラダ』のケッパーは塩漬けのものを刻んで使ってます。蒸しキャベツと塩漬けケッパーと油少々の組み合わせですがシンプルでおいしいです。楽天堂・豆料理クラブのハーブスパイスコースで今月同梱されてきたものです。もちろんレシピも。今回のコースの内容はまた後日アップしたいと思います。

さて、
ジャガイモギョーザ


ジャガイモをメインにニンジンやタマネギなどの野菜を刻んで蒸し煮したものを具にしてギョーザにしてみました。
ジャガイモでとろみがでていて包みにくいので、ひだは作らずに包みました。薄く油をしいたフライパンに並べて、弱火でじっくり焼きました。甘酢ごましょうゆだれをつけていただきました。
つけあわせは生協で注文したジェノベーゼソースであえたスパゲッティ、長ネギとシイタケのオーブン焼きマリネ。夫用にはシイタケをたっぷりと私用には少々(やっぱりシイタケは苦手な食材なので)。


野菜とムング豆のポトフー


ポトフーと呼んでいいものかどうか。。。
シチュー?スープ?野菜煮込み?
どれもマッチしないのでポトフーとしました。ポト風と思っていただければよろしいかと思います。
小タマネギのペコロスを買ったのでジャガイモ・ニンジン・ムング豆・ベイリーフとともに圧力鍋にいれてひたひたぐらいに水を入れて煮込みました。だしやブイヨンは一切使っていませんが、野菜と豆から旨味がでているのでいいかんじです。調味は塩・胡椒で。仕上げにディルも加えています。

さて、
青菜の油揚げ包み


カノウユミコさんの『菜菜ごはん』から『青菜の油揚げ包み ごぼうあんかけ』です。ほとんどレシピ通り作ったのですが、油揚げにホウレン草おひたしを巻き込むときに海苔も一緒に巻きました。海苔好きのAちゃんのための特別レシピです。
使っている調味料といえばしょうゆだけなんですが、シンプルでおいしいです。
写真奥はマカロニの豆乳ホワイトソースあえ。

今朝、
コンニャク唐揚げ


お気に入りの料理本、カノウユミコさんの『菜菜ごはん』の中から、こんにゃく料理を作りました。元レシピは『こんにゃくの唐揚げ風』という名前ですが、唐揚げというよりは天ぷらに近いです。
しょうゆ+しょうがでよく煮て味のしみたこんにゃくをピーナッツ入りの衣で揚げるのですが、コリアンダーや五香粉(これは家にないので花椒塩で代用)も使っているのでとってもエスニックです。
すぐにはコンニャクとは気づかないかもしれませんが、こどもたちは正確に『コンニャクでしょ』とあててきました。しかし、夫は『シイタケ?』ですって。いつまでたっても味覚音痴な人です。たまにはちゃんと材料をあててもらいたいです。まぁ、私が作るものは外食ではまずお目にかからないようなものばかりなので仕方ないですけど。

今日は、
冷凍凍り豆腐の卵とじ


わが家では珍しい卵料理です。
Mくんが夕方自分でおやつを作って食べてお腹がふくれてしまったので、夕飯は味噌汁があればいいよ、なんて言うので、Aちゃん向けに卵料理を作りました。Mくんは卵料理を食べないのでこういうときにしか登場しないメニューです。
冷凍庫で冷凍して解凍した木綿豆腐をしっかり絞って適当に切って、卵とじにしました。作り方は親子丼を作る要領で。
冷凍凍り豆腐はしっかり味がしみておいしいです。

それから、きんぴらレンコン。これはためしてガッテン流のきんぴらごぼうの作り方を基本にしてます。
もう1品は、素揚げしたサツマイモのみぞれ酢あえ。こどもたちには素揚げしたサツマイモをそのまま出しましたが、大人向けには大根おろし+酢+しょうゆであえてさっぱりしたおかずにしました。

ちなみにMくんが作ったおやつは、パンにチーズをのせてオーブントースターで焼き、ゆでたソーセージをのせて、ケチャップをかけるというもの。
ほぼ同時に作ったAちゃんの自作おやつは、スライスしたタマネギとソーセージをフライパンで炒めたものをパンにのせてケチャップをかけるというもの(Aちゃんはあんまりチーズが好きじゃないのでチーズ不使用)。2人ともなかなか料理がうまくなってきました。


お好み焼きとサラダ


残り物を入れて作ったお好み焼き風です。炊いたもちきびもはいっているせいか、焼いているときにもったりやわらかくなってお好み焼きというよりはもんじゃ焼きっぽい感じになりました。

ポテトサラダはいつもはマッシュしてますが、今回は皮ごとゆでてから皮をむいたジャガイモをサイコロ状に切りました。ツナと水菜とみじんぎりタマネギとマカロニも一緒に混ぜてドレッシングであえました。まずまずのできだと思います。

さて、
厚揚げ


このところ雑穀をよく使ってます。
もちきび+きのこ(マイタケ・エノキ)+キャベツ+タマネギを一緒に炊いてつくったもの。とろりといい感じだったのでオーブントースターで焼いた厚揚げに添えました。そのほかはホウレン草のソテー、切干大根煮付け。
鍋でことことやる料理は簡単なのですが、鍋がかんじんなんですよね。ステンレスの普通の鍋しかないわが家では、こういう料理はよくこげつかせてしまいます。この料理作ったときもうっかりこげつかせてしまってあわてました。こげてないところを別の鍋にうつして水を多めにして再度加熱して作りました。なので、実はちょっとこげっぽいにおいつき。本当は多層構造のステンレス鍋かル・クルーゼのホウロウ鍋がほしい。弱火で無水料理ができるととっても経済的で栄養も逃がさないから。なーんて、こげつかせた失敗の言い訳してみたりして。。。

さて、

大根ともちあわの炊き合わせ


大根ともちあわをじっくりに煮て、小松菜、すきこんぶを加え、しょうゆで調味したもの。鍋でことこと作るだけなので簡単なのですが、これがAちゃんには不評なんです。味噌汁にいれた細切りやイチョウ切りの大根は好きなくせに、おでんの大根とか鍋物の大根とかおろし大根とかはみんな好きじゃないらしい。悪戦苦闘しながら胃袋におさめてました。

本日、Mくんは保育園の『お別れ遠足』で上野動物園に向かっています。毎年恒例、年長組だけの特別の遠足です。電車に乗って上野まで乗り換えなしでいけますが、19名ものこどもたちを引率していくのは園長先生を含めて3人なので大変でしょう。たまたま一緒の電車で上野に向かっている夫も遠足気分だったりして。。。
お弁当はMくんのリクエストで鮭のおにぎり、車麩のカツ、カボチャ煮、ブロッコリー、ミニトマト。もう少し詰められそうだったので、リクエストされなかったけどきんぴらレンコンも。そして果物はバナナを持たせました。風が冷たいけれど快晴なのできっと楽しい1日になるでしょう。


ポテトグラタン


Aちゃんの大好きなポテトグラタン。いつも少しずつ作り方を変えて楽しんでます。
はじめは、アンチョビーをいれて作る『ヤンソンの誘惑』というポテトグランがおいしくて何度も作っていました。ジャガイモの切り方を細くしたり太くしたり、タマネギの量をかえたり、牛乳を豆乳にかえたり。
そして、最近はアンチョビーを省略するようになったので、もう『ヤンソンの誘惑』とは呼べなくなってます。
写真のポテトグラタンは、炒めたジャガイモとタマネギにひえ粉をふりかけて混ぜています。そして耐熱皿に入れてたっぷりの豆乳を加えます。200度オーブンで30分焼いてます。ひえ粉のおかげでほどよいとろみがついたグラタンとなりました。美味です。

今週は、夜が忙しいです。学童クラブの保護者会あり、謝恩会の歌の練習あり。謝恩会では、『Believe』(杉本竜一さん作詞作曲)を歌う予定ですが、私はピアノ伴奏を担当することになり、ここのところ家のキーボードで練習中です。伴奏用楽譜ではないので、アレンジしながら練習中。謝恩会までには弾けるようにならないと。。。


スープとパン


ひさしぶりに東京へ出ました。
用事が終わって東京駅で途中下車して、立ち寄ったのが丸の内北口にある『丸の内オアゾ』。もうできてだいぶ経つと思うけれど中にはいってみるのははじめて。
お目当ては『丸善』本店。実は丸善にもはいるのははじめてなのだ。本が好きなので本屋さんは大好き。一日いても飽きないけれど、本屋さんによって品揃えも並べ方もいろいろで、ついついチェックしてしまう。品揃えはよいと思う。しかし狭いスペースを有効活用して上へ上へと並べられているため、台にのっても届かないところがあって、気軽に手にとることができない。中を見たい本が一番上の棚にあったが、店員を呼んでまで見てみる気にはならず結局断念。
やはり、『ジュンク堂』のほうが好きです。

その後軽食を食べるため、地下1Fの『スープストックトーキョー』へ。オニオンクリームポタージュとパンをいただきました(上写真)。味はまずまずですが、値段が高いですねぇ。東京で安くておいしい店をさがすのは大変(広すぎて)だからしかたないですけど。同じ地下に『神戸屋』がありました。こちらもランチがありましたが、パンだけを買って帰りました。

パン



お総菜ギョーザ


このところわが家の食卓に週1回は登場しているのが『ギョーザ』です。
一番人気はもちろん『ニンジンギョーザ』なのですが、お総菜の残りをリサイクルしてギョーザにするのもおいしいということがわかってはまってます。
写真は最近作ったお総菜ギョーザで、中味はアラメとレンズ豆の煮物や根菜類、そして白菜。この日は焼きもうまくいって大成功。
昨日作ったお総菜ギョーザはひじきれんこんと白菜。味はとっってもよかったけれど、一部皮がやぶれたものがあって写真にとるのはやめときました。

ここから、保育園話。
車麩カツ


車麩のカツは高野豆腐のカツと同様にわが家でよく作りますが、高野豆腐よりは高めのお値段なので、作る頻度は圧倒的に高野豆腐のカツのほうが多い。でもどちらも同じくらい家族に人気のメニューです。

サツマイモと昆布の煮物(左上)は、岩手県産の「むしこんぶ」を使ってます。むしこんぶが軟らかくておいしいです。

サラダ(真ん中上)は、水菜+細切り大根+ゆで銀手亡豆+ツナを柚子胡椒風味ドレッシングであえてます。

糸コンニャクのカレー炒め(右上)は、冷凍豆腐のそぼろやアサツキもいれて炒め、しょうゆ+酒+カレー粉で調味してます。

最後に右上のスープは、ゆで銀手亡豆とカブと長ネギのポタージュスープです。これでわが家の銀手亡豆はおしまい。次はいつ食べられるだろうか。他の白インゲン豆はまだあるけれど、やはり味も食感も違うので。。。秋の収穫が待ち遠しい。


豆とキャベツの煮込み


楽天堂・豆料理クラブに入会してまもない頃に知ったのが、Basicコースで紹介されていた『銀手亡とキャベツの煮込み』でした。
銀手亡豆はインゲン豆の1種ですが、小粒で味は繊細です。無農薬無施肥の銀手亡豆は昨年不作で手に入りませんでした。今回使っているのは、その前の年に買って保存しておいた分です。今回まとめてゆでてしまったのでわが家の在庫ももうありません。
この料理、ニンニクやオレガノと一緒にキャベツを炒め、豆のゆで汁で蒸し煮し、最後にゆでた豆とあわせて塩で調味するというシンプルなものなんですが、蒸し煮している間、オレガノの香りが広がって食欲をそそります。いくらでも食べられそうなおいしさです。

温やっこには葛粉でとろみをつけたキノコあんをかけてあります。
ひじきれんこんは船越夫妻の『わらのごはん』のレシピ通り重ね煮で作ったので、ダシなしで調味料は塩としょうゆだけ。ひじきの戻し汁を使っているので無駄もありません。使ったひじきは岩手県宮古産でおいしいです。戻してそのままサラダに使うにはちょっと歯ごたえありすぎなんですが、煮物にするとちょうどよいかんじですね。


コンニャクステーキ他


わが家定番となっているおかずの1つ、コンニャクステーキ。元レシピはカノウユミコさんの『菜菜ごはん』の『こんにゃくの焼き肉風』です。漬けだれにじっくり漬け込んだコンニャクをフライパンで焼くだけですが、おいしいです。
そのほか、
焼き厚揚げ生姜そえ(食べる時にしょうゆをかけます)、
ミックスビーンズ入りポテトサラダ、
レンコンのきんぴら、
ホウレンソウのゴマみそソースかけ。
このほかなめこ入り味噌汁も。

さて、
大根ステーキ他


聖護院大根をステーキにしました。その上にかけたあんはシイタケ・ヒラタケ・ニラ・冷凍豆腐をくずしたものがたっぷりはいってます。水溶き葛粉でまとめています。
アラメと油揚げの組み合わせはよくやりますが、今回はレンズ豆も一緒に煮付けました。
そしてサラダにはゴマたっぷりのドレッシングをそえてます。
そして、このほかうちのこどもたちは必ず納豆を食べてます。Aちゃんは海苔も自分で用意して食べていることが多いです。

なるべく『まごわやさしい』おかずになるように気をつけています。

ま→豆類
ご→ゴマやナッツ類
わ→ワカメなどの海藻類
や→野菜類
さ→魚類
し→シイタケなどのキノコ類
い→イモ類

が、こどもたちは、基本的に納豆と海苔があって味噌汁があれば、おかずについてとやかく言いません。というより、おかずは少なくてもOKらしいです。作る張り合いというものはあんまりないけれど、私自身はおかずが何種類か並ぶのがうれしいので、せっせとあれこれ試しながらレパートリーを増やしています。
さて、今夜は何にしよう?


お弁当


最近作ったマイ弁当です。1日缶詰になるような日はたいていお弁当を持っていきます。
これは木曜日のお弁当でした。
のり弁には自家製梅干し。
おかずはコンニャクとゴボウのそぼろ炒め(冷凍豆腐使用)、カボチャ蒸し煮、ゆでブロッコリー。
お茶も持参。
冷凍豆腐は煮物にしておいしいと思っていたのですが、そぼろにしてもおいしいですね。
マクロビ風のお弁当をアップしている竹ちゃんのお弁当2の『牛蒡と豆腐のそぼろ丼』がとてもおいしそうだったのでマネてみました。

実は昨日も県内某所で1日セミナーだったのでお弁当を持参しました。
衣なしコロッケなど前夜の残り物を詰め込みました。お茶も持参。

こういう日は、
コロッケ他


衣なしのコロッケをオーブンで焼きました。ゆでたジャガイモをマッシュして炒めたみじん切りタマネギと混ぜ、塩、胡椒、オールスパイス、てんさい糖少々で調味。形を整えて15分ほど200度オーブンで焼いてできあがり。
そのほか、小松菜+タマネギ+ひじきをクルミやしょうゆで作ったあえごろもであえたもの。カブの梅肉あえ。アラメとレンズ豆の煮付け。
写真にはないけれど、この日は聖護院大根+ニンジン+きのこの味噌汁でした。

最近、
高野豆腐カツ他


わが家の定番、高野豆腐カツ。元レシピはカノウユミコさんの『ますます菜菜ごはん』の『高野豆腐の磯カツ』。
もう何度も作っているけれど、材料をちょっとかえたり省略することが多いです(いちいち本を見てないので、うろ覚えで作っているということです)。
それでも基本は押さえて、衣のすりおろし長イモには必ず青のりをいれてます。これで磯カツになります。夫はカキフライみたいだといいながら食べてました。
マカロニにかけたあんは、根菜等(ゴボウ・レンコン・ニンジン・タマネギ)のみじん切りを生姜や味噌とともにじっくり炒めたところへ水を加えて沸騰させ、水溶き葛粉をまぜて作りました。実家の父が作った水菜とともにいただきました。

さて、
さつまいものおから煮


さつまいも料理は夫に受けがよくないのであまり作りませんが、たまにはよいかなぁと思ってカノウユミコさんの『菜菜ごはん』から『さつまいものおから煮』を作ってみました。生姜がほんのりきいていておいしいです。
ちょっと失敗だったのはさつまいもの切り方。レシピには1cm角と書いてあったのだけど、そのつもりで切ってから定規で測ったらなんと2cm角になってました。あわてて半分にしたら正方形ではなく長方形になってしまうし。。。目分量もほどほどにしておかないと元レシピの意図したものと違うできあがりになってしまいますね。反省。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。