不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤レンズ豆スープ


楽天堂・豆料理クラブのハーブスパイスコースで紹介されていた『エゾゲリンスープ』を作ってみました。
『エゾゲリン・チョルバス』は『花嫁のスープ』という意味のトルコ語です。トルコのスープには赤レンズ豆を使ったスープがいろいろあるようです。
このスープは赤レンズ豆と米とトマトを使ったミント風味のスープ。ニンジン・タマネギ・ジャガイモ・ニンニクも入ってますが、やはりミントがいい風味を出してます。ブイヨンは使ってませんが、赤レンズ豆や野菜からのダシですごく旨味のあるスープになってます。
レシピにはなかったけれど、レモン汁を最後に加えてちょっと酸味をきかせてみたら味がしまってとてもおいしかったです。
ミントがなければバジルを使ってもおいしいかも。


続き・・・
スポンサーサイト


ジョン


「ちぢみが食べたい」

という夫のリクエストだったのですが、いつも適当に作っているため前回どうやって作ったか覚えてませんでした。
というわけで、持ち出した本が『わらのごはん』です。重ね煮料理満載の本ですが、そのほかにもちょっとしたお総菜のレシピも載っています。ぱらぱらひらいたら、載ってました、『じゃがいもとにらのジョン』。韓国料理のちぢみをアレンジしたものだと思います。材料はじゃがいもとニラだけなんだからとってもシンプルですよね。千切りじゃがいも(わたしのは千切りというにはちょっと太いかしら)とニラと塩と片栗粉を混ぜて焼くだけです。たれは自分で作りました。それも2種類。1つは豆板醤入り、もう1つはゆずとんからし入りです。こどもたちはしょう油をかけるだけでOK。大好評でした!

先日のことですが、
切り干しバーグ


vege dining 野菜のごはんベジタリアンの肉団子がおいしそう、というか正直言ってどういう味にあるのかレシピみただけでは想像できなかったので作ってみたくなったのです。
材料はとってもシンプルでほとんど切り干し大根と玉ねぎだけなんです。これで肉団子風のものができるのかなぁと思いつつトライしました。少し大きめになったので肉団子というよりはミニハンバーグのようなできあがりです。
でも、切り干し大根が甘みとだしをだしてくれていておいしいんです。うちの家族はなんのハンバーグなのかわからずに食べてましたが、おいしかったという評価をもらいました。ということで成功です。izumimirunさんに感謝!

本日、学校で授業参観がありました。土曜日なので父親の参観も多かったです。
前回同様、Aちゃんのクラスは淡々と授業が進むのでこれといってみるところはないのですが、Mくんのほうは・・・集中力が続かないようです。半分くらいしか先生の話は聞いてないように思います。1人で手遊びに夢中だったり、全然違うページを開いていたり。忘れ物も多いので、先日も先生から電話をいただきました。そのうちしっかりしてくるのでしょうか。。。


変わり揚げぎょうざ


わが家の揚げぎょうざは納豆を入れるのが定番なのですが、今日は変えてみました。
ひよこ豆ペースト+ほうれん草+コーンを混ぜたものです。塩・こしょう・味噌で調味してあります。下の写真は混ぜたところ。

変わり揚げぎょうざの中味


できあがった揚げぎょうざにAちゃんはしょうゆをかけて食べましたが、大人用にはトマトやバルサミコ酢で作ったたれを用意しました。これも結構イケると思います。
それから、にんにくをきかせたきのこスープ。シイタケとヒラタケがたっぷりはいってます。仕上げにはディルをふりかけました。

今日、ちょっと驚いたことがありました。夕方、車で家からわりと近いところ、とあるコンビニの前をとおりかかった直後、ラジオのニュースでそのコンビニで起きた強盗事件を放送していたのです。事件が起きたのは昨日の夜で、幸い女性店員にはケガもなく少々商品を盗られるだけですんだらしいのですが、こんな身近なところで強盗事件が起こるなんてびっくりしてしまいました。物騒な世の中です。


じゃむじゃむ外観

ときどき立ち寄っている小山市内のコーヒーハウス『じゃむじゃむ』。
実は1年のうちで今の時期が一番華やかです。つるバラが満開となるためです。写真は先週のもの。

この日は、トマトとツナのパスタランチをいただきました。

じゃむじゃむランチ


そしてセットになっているシフォンケーキですが、この日は抹茶シフォンケーキでした。毎日日替わりでいろんなシフォンケーキを用意しているそうです。

抹茶シフォンケーキ


それにしても、ここは本当に落ち着きます。じっくり本を読むのによいです。最近この近くの歯医者さんにかかっているのですが、そのときに立ち寄ることが多いです。歯医者さんに行くのは決して楽しいものではないのですが、帰りにここへ寄ろうと思うとちょっと気持ちが明るくなります。


焼き長いも


『焼く? 長いも?』と思われるかもしれませんが、夫が生の長いもで『たらこくちびる』になるというので、長いもを使うときは必ず熱を通すようにしてます。私は生でもOKなので、とろろとか大好きなんですけどね。
拍子切りにした長いもをオーブントースターで焼いて、秋田の『とんぶり』をのせ、ポン酢しょうゆをかけていただきます。とんぶりがぷちぷちしていておいしいです。
もう1品はわが家の定番、厚揚げ料理です。フライパンで焼くこともありますが、この日はオーブントースターで焼いてます。上にかけたあんはピーマン・タマネギ・ヒラタケです。

そのほか写真にはちらっとしか写ってませんが、鰹のたたきやサラダも出してます。
鰹のたたきは大人用(というかほとんど夫用)なのですが、Mくんが食べてみたいというので、1口食べさせてみました。
ところが、食べてすぐに口が痛いと言い出して、見てみるとくちびるがちょっと腫れてしまいました。どうもアレルギーのようです。やっぱりさしみはだめかもしれません。Aちゃんのほうは食べても口が腫れたりはしませんが、好きじゃないので食べません。

先週はちょっとショックなことが他にも。
Aちゃんの学校の眼科検診の結果が届いたのですが、あんまりよろしくない。ということで週末は眼科にも行ってきたのですが、右0.6、左0.4の近視と診断されました。めがねは必要ではないということでしたが、治す方法は特にないらしく(遺伝が多いから?)、冬休みに再診することにして診察終了でした。
私(と実家の家族)は目に関しては悪くないので、夫側の遺伝の可能性は否定できませんが、わたしも学生時代に一時的に視力がおちた時期があり、両眼とも0.1と言われ、めがねも作ってます。しかし、あきらめきれずに視力回復の施設に通ってみたら、1年後には両眼とも1.0以上に回復し現在に至っています。そういう経験があるので、もしや視力回復に努めればAちゃんの視力も回復できるのではないかと思い、当時覚えた視力回復訓練をAちゃんに教えはじめました。視力回復の施設でなければできないことも多いですが、自宅でもできる訓練法はあるのでまずはできることからはじめてます。


野菜とマカロニのオーブン焼き


朝からの雨で少々気温が下がった今日。あたたかいものが食べたくて
オーブン料理にしました。
ゆでたジャガイモ+マカロニ+ブロッコリーをたっぷり入れて、ニンジンとタマネギのみじん切りとトマト水煮缶を使ったソースをかけてオーブンで焼きました。
ちょっと作りすぎたかなぁと思ったのですが、Aちゃんがおかわりして結構食べてくれました。

このところのAちゃん、ちょっと体型を気にする”乙女”になってきました。お腹をもう少しへっこめたいらしく、毎晩風呂上がりに腹筋しています。標準体型だから気にする必要ないよ、と言っているのですが、本人はだいぶ気になるらしいです。
とは言ってもおかずや味噌汁はしっかりおかわりしていますから、どこまでダイエットを考えているのかよくわかりません。あ、学校でも給食をおかわりすることもあるようです。


高野豆腐カツサンド


昨日は、1年生から3年生までの遠足の日でした。1年生のMくんは、埼玉県にある東武動物公園へ行ってきました。
「お弁当は何がいい?」と聞いたら、高野豆腐のカツが食べたいというので、メインは高野豆腐のカツにしました。その残りを私の昼ご飯にしたのが、写真の高野道豆腐のカツサンドです。
フランスパンは栃木市河内町の『パン工房 麦笛』で購入したもの。普段パンを買うことは少ないのですが、栃木市へ出かけたときにはいつも通りがかるパン屋さんです。今回はじめて寄ってみたのですが、おいしそうなパンがたくさんありました。

ところで、Mくんの遠足ですが、昨日は昼頃から天候が悪くなって、お昼ごはんを食べている時に雨が降り出してしまってあわててカッパを着たそうです。なのでデザートに持たせたバナナを食べることができずに持ち帰ってきました。ちょっと残念そうでした。
Aちゃんの遠足は来月です。4年生は宿泊学習になるので1泊2日になります。今からとても楽しみにしてます。


野菜炒め


戸棚を整理して以来見あたらなくなっていたわが家の『カレー粉』がようやく見つかりました。
戸棚のものをすべてだしてみたら、一番奥の見えにくいところにあったのです。

このカレー粉には、

ターメリック
コリアンダー
クミン
フェヌグリーク
シナモン
ディル
カルダモン
黒胡椒
唐辛子
オールスパイス
ナツメグ
クローブ
ジンジャー
フェンネル
ローレル

が入ってます。たくさんのスパイスが入った手作りカレー粉なので、見あたらなくなったときには、うっかり捨ててしまったかもと思いとっても落胆したんです。
でも、見つかってよかった!
とういうわけで、そのカレー粉を使って作った野菜炒めは、やっぱりおいしかったです。(数日前の夕飯に作ったものです。)

さて、
うどんサラダ


暑くなってくるとサラダをむしゃむしゃ食べたくなりませんか?
毎日生野菜のサラダは出すようにしてますが、これはちょっといつもと違うサラダ。うどん入りなのでボリュームがありますが、すき昆布やワカメをたっぷりあわせた海草がメインのサラダです。ドレッシングにはたっぷりすりごまをいれて和風にしました。

今日からMくんの宿題で音読がはじまりました。これから毎日やることになると思います。国語の教科書の指定されたページを音読するというものです。今日のは6行程度でしたが、もうすっかり暗記していて、教科書をみずにすらすら読んでくれました。
Aちゃんも連絡帳を見ると音読の宿題がでているのですが、こちらはまったくやる気がないようで、始業式以来ほとんど毎日やることになっているのに数回しかやっていません。昨年までは音読カードを埋めることに躍起になって頑張っていたのに、今年はその情熱はどこかへ行ってしまったようです。


ロールキャベツ

久しぶりに作ったロールキャベツ。
だいたい破けてしまうことが多いのでできあがりが今ひとつになりやすい苦手料理なんですが、vege dining 野菜のごはん肉なし☆極上ロールキャベツがおいしそうなのでやってみました。
今日はしっかりレシピを見て作ったので成功だと思います。シイタケがなかったのでマイタケとエリンギを使い、かくし味にちょっとしょう油をいれましたが、それ以外はレシピ通り。
やわらかくてジューシーなロールキャベツができました。おいしい!

家族の評判はというと評価は分かれました。Mくんには好評でしたが、Aちゃんはギブアップ。ふだん残すことのないAちゃんがどうしても食べることができなかったのは残念ですが、口内炎もできていたため仕方ないかも。トマト味にすれば食べてくれたかなぁ(そうすると今度はMくんが食べない可能性はあるし、そもそも口内炎のときにトマトは無理かもしれないし)。好き嫌いが一致してないこどもたちなので味付けは難しいです。



煮込み豆腐


GW中に作って食べたおかず。とらまき茸と牛蒡と豆腐を煮込んだもの。エノキに似たとらまき茸は生協のきのこセットでおなじみのものです。ささがき牛蒡と一緒に油で炒めてからだし汁を加えて煮ます。豆腐も加えて、発酵調味料「味の母」としょうゆで調味してできあがり。
冷凍豆腐を使えば豆腐に味がしみこんでもっとおいしいかも。
季節の菜の花をそえていただきました。

今日、夕飯時にAちゃんがチャーハンを作っていました。自分の分だけしか作らないところがミソなんですが、コーンや卵を使っておいしそうなチャーハンを作っていました(写真はないんですけど)。そのうち家族の分もおかず1品作ってくれたらうれしいなぁ・・・


厚揚げとキャベツ


GWも終わっていつもの日常がもどってきました。
キャベツが安いのでつい買ってしまうこの頃です。蒸したり炒めたりが簡単なのでいつも同じようなものを作っています。これもその一つ。ざく切りキャベツと厚揚げを炒めてホイコーロー風に調味しました。彩りに絹さやも加えています。

GWにちょっと食べ過ぎているので、しばらくは野菜中心の粗食にしようかなぁと思ってます。


アトマの夕飯


わが家のよく利用する宿の1つが、ユースゲストハウスATOMAです。今回は1年半ぶりなので久しぶりということになりますが、相変わらず落ち着ける宿です。

学生時代からユースホステルにはよくお世話になってました。家族ができてからはしばらく利用しなくなっていましたが、最近のユースホステルやユースゲストハウスは家族連れでも利用しやすいところが増えてとてもありがたいです。旅館と違って休日だからといって料金があがることもありません。洗濯機や乾燥機が備えてあるところも多くその日の汚れ物をその日のうちに宿で洗濯してしまうことも可能。セルフサービスが基本ですが、配膳や片づけなどを手伝うことも少なくなりました。素泊まり自炊も可能な場合も多いです。ユースホステルの会員でなくても利用できます。

ATOMAはユースゲストハウスなのでユースホステルよりグレードが高いです。そのため料金もユースホステルよりは高めですが、設備も食事も満足できる内容です。

さて、ゴールデンウィーク中の5月4日、那須ハイランドで遊んだ後、ATOMAへ向かったわけですが、途中事故により高速道が通行止めとなってしまい、大渋滞にまきこまれました。宿に着いたのは予定より大幅に遅れて20時頃。遅れついでにお風呂にゆっくりつかってから晩ご飯をいただきました。写真がその晩ご飯。品数が多すぎて写真にはおさまりきってません。

ウルイのマヨネーズ添え
青菜のおひたし
ホヤ
アユ塩焼き(囲炉裏で焼いてくれます)
おさしみ
茄子とタラの芽の天ぷら
行者にんにくのしょう油漬け
しゃぶしゃぶ
手作り豆腐
もろキュー
揚げそばがきのあんかけ
イチゴ

しゃぶしゃぶのおわった鍋にご飯と卵をいれて雑炊もいただきました。こどもたちには豆乳コロッケやスパゲッティもでました。

晩ご飯の後は天体観測。ATOMAには望遠鏡があります。晴れた夜には観測会を開いています。この夜は雲が大分でていたためほとんど星が見えず。牛飼い座のアークツルスを観測しておしまいとなりました。
その後は地酒の試飲会。おしゃべりしながらまったりと過ごしました(こどもたちはマンガ読んだりオセロゲームしたりして過ごしました)。

アトマ外観
<ユースゲストハウスATOMAにて>


翌日の5月5日は、霊山に登る予定でした。
でも朝からAちゃんが元気ありません。食欲もあんまりないので、山登りはやめて、霊山のふもとにある「りょうぜん こどもの村」で遊ぶことにしました。山の斜面に作られた遊び場なので、アスレチックなどで遊んでるとそれなりに斜面を登ることになり、ちょっとしたハイキングをしたような感じでした。Mくんはパワー全開で遊び回りました。

りょうぜんこどもの村
<りょうぜん こどもの村>


その後、福島県立美術館へ立ち寄りました。こどもの日だったせいか、常設展示を見るだけなら入館無料ということで、一回り見てきました。
実はこの美術館、福島市内の大好きなスポットの1つです。常設展示の中に斉藤清・岸田劉生・ワイエス・シャガールがあり、何度も訪れては楽しんでます。Mくんを美術館に連れてくることは少ないのですが、この日は絵や彫刻を1つ1つ一緒に見て回りました。絵の中の人物や雰囲気を真似てポーズをとりながら見てまわったので楽しめたようです。

福島県立美術館
<福島県立美術館・図書館>


その後帰途につきました。Aちゃんは疲れがでたのか風邪なのか家に帰りついた頃にはふらついていて熱もでていました。でも一晩寝たらけろっと元気になりました。一方私は、今朝、体をひねってしまったらしく、首から背中にかけてが痛くて1日中寝てました。午前中爆睡、お昼食べた後、また爆睡で1日が終わりました。明日には痛みがとれるとよいのですが。


サラダ


なんの変哲もないサラダですが、ドレッシングに柚子胡椒を少しいれてます。
実は昨秋ぐらいから『柚子胡椒』にこっているんです。
ドレッシング、鍋、おでん、納豆、ぎょうざのつけだれ、チャーハンなどなど。いろんなものにちょっとずついれては、そのおいしさに感動してます。こんな調味料数年前まではまったく知らなかったのが本当に悔しいと思ったほど。
はまっているのは家族の中では私だけなので、自分の分だけに柚子胡椒を使うこともしばしばです。

最近、ちょっと高いけどおいしい柚子胡椒を見つけたのでインターネットで購入しました。
つなば本舗の『ゆずとんからし』という柚子胡椒です。これがまたすごくおいしいんです。

ゆずとんからし


しかもパック式のいれものが使いやすくて、重宝してます。ドレッシングにちょこっと、パスタにちょこっとという感じでサッと出して使えます。入れすぎるとこどもにはちょっと辛いと思うので隠し味的に使うことが多いですが、当分マイブームとなりそうです。

さて、
『手作り酵素』なるものを作りました。
実は昨秋ぐらいから、手作り酵素教室のホームページを見て気になっていました。そうしたら、ご近所で酵素作りをやっていると聞いて参加させてもらいました。

事前に酵素について勉強するため、『手作り酵素』の本(十勝均整社発行)を購入して読みました。

手作り酵素の本


で、酵素って何なの?と言われると、うまく説明できません。理科的には言えば、タンパク質です、ということになりますが、その働きは多様で、神経の伝達や筋肉の収縮といった生命活動に欠かせないもの、だそうです。
難しいことは置いといて、健康維持に役立つものとして生活にとりいれたいと思ったのがきっかけなので、とにかく作って飲んでみようと思ってます。
春は野草、秋は野菜・イモ・穀類で、梅の季節には梅単独で、作れるようです。
今回は春の酵素作りです。

まずは思川河川敷等でひたすら野草を摘みました。1人10キロを目標に。しかし初心者が多いため、この日は1人5キロ分を集めるのがやっとでした。集めた野草+タケノコ+モミジを使いました。

次に摘んだ野草を水洗いします。

細かく刻みます。写真(下)は押し切り器を使ってますが、このほか包丁も使って急いで処理します。

野草を切る


分量をはかって容器に分けます。

砂糖とケルプ(発酵助剤)を混ぜます。砂糖は白砂糖を使います。量は野草の重さの1.1倍を目安に。

砂糖を混ぜる


あとは5~6日間、毎日混ぜます。混ぜるときは右回りで。

混ぜ込み終了


ざるを使って漉します。

『海の精』(昆布抽出液)を混ぜます。

保存容器(ビン)に小分けして冷蔵庫で保存します。

できあがり。

春の手作り酵素


朝夕30ccぐらいずつ飲めばよいそうです。
でもこのままではとても甘すぎて飲めません! なので5~6倍に水で薄めて飲みます。野草風味の甘いジュースという感じ。

気になるのが、白砂糖をたっぷり使っているところです。これについては本にもQ&Aで書いてあるのですが、手作り酵素にはミトコンドリアが多量に含まれていてそれが糖をエネルギーに転換してくれるため砂糖の弊害はないそうです。また、砂糖による浸透圧を利用して植物の細胞膜内から酵素を取り出すため、必要なんだそうです。黒糖やはつみつなどを使うと異常発酵して腐ってしまうらしいです。

詳しくは、本の出版元であり、『海の精』の発売元である、十勝均整社のホームページを参照してください。『手作り酵素』について詳しく解説があります。

で、あと5キロ分を追加で作るために、昨日も酵素作りに参加してきました。参加者9人。
前回集めた野草とほぼ同じ種類の野草が集まりましたが、クズ+アカザ+ウド+カモミールも加わりました。
午前中いっぱい野草を摘んだところで、昼食となりました。たけのこごはんなどを用意してくださった方がいて、おいしく頂きました。

たけのこごはん他


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。