不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
はじめに
ご訪問ありがとうございます!
1日のうちで1番ほっとするのが夕方、夜ごはんを作っている時。キッチンで集中する時間が何より好きです。食べ物を中心に趣味のこと家族のことなど覚え書きしていきます。
野菜や豆を中心に、そしてなるべく地元でとれた無農薬のものを使うよう心がけてます。
さて、今日は何を作ろう?

トラックバックは承認制にしています。
記事と関係のないコメントは管理者により削除させていただくことがありますので、ご了承ください。

<まめたろう備忘録>
大豆米みそ 仕込み日 2009年2月15日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も手作り味噌を仕込みました。昨年同様タッパーウェアに仕込みました。
昨日、大豆を水に浸しておいて、本日午前中(9時から12時)に作業しました。
昨年とほぼ同量の大豆と麹。約1.7kgの大豆(乾燥)を使いました。
まずは、圧力鍋で大豆をゆでます。私の圧力鍋は5リットルサイズなので、3回に分けてゆでていきます。

ゆでた大豆


上の写真はゆであがった大豆。やわらかく煮えました。大豆は無農薬のものを使ってます。
このまま食べてもおいしいです。
熱いうちに、ハンドミキサーでマッシュしていきます。マッシュした大豆がさめたら、塩切り済みの麹(米麹と塩はあらかじめよく混ぜあわせておくのです)とよく混ぜていきます。

マッシュ大豆+麹


大豆と麹を混ぜている時、少々固い場合は大豆のゆで汁を注いで調整します。今年はゆで汁は控えめにして、りんご酵母液を加えました。

りんご酵母


昨年は酒かす酵母液を仕込み後の表面に塗ったのですが、今年はりんご酵母液を混ぜてみたのです。はたしてどんな味噌になるやら。
それから、昨年の手作り味噌を種味噌として一緒に混ぜこんであります。種味噌は仕込み容器の底にも敷きました。

種味噌


あとは、空気を抜くように容器に味噌玉を投げ込んでいきます。

味噌詰め


味噌を詰め終わったら、表面にりんご酵母液を塗って、ラップします。ラップの上には塩で重しをします。

味噌仕込み完了


このまま密閉して完了。1年後が楽しみです。

スポンサーサイト


こんにゃくとごぼうの味噌炒め煮


自家製味噌を使ってこんにゃくとごぼうを炒め煮してみました。やっぱり味噌がおいしい!

ということで、今年も仕込み決定。現在、材料を注文中です。昨年作った味噌は別容器に移して冷蔵庫に保管しています。今年もタッパーウェアで味噌を仕込む予定。

本日は、ひさしぶりの雪でこどもたちは外でおおはしゃぎです。午前中は結構降ってましたが、午後になってからはかなりみぞれっぽい。私は家の中でお茶を飲みながらのんびりです。

最近読んだ本は
奥田 英朗 著の
『空中ブランコ』
『ウランバーナの森』
『ガール』

特に『空中ブランコ』がおもしろかった。『イン・ザ・プール』も読みたくなったけど、図書館で貸し出し中になっていてなかなか借りられません。奥田さんの他の著作も貸し出し中のものが多い。人気あるのですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。