不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


味噌作りワークショップ(会津自然食の宿・タンボロッジにて)に参加しました。
今回仕込む味噌は、こだわりの黒大豆味噌です。
どこがこだわりかというと、その材料です。
黒大豆は無農薬無施肥、米麹の原料である米も無農薬、塩はインカの塩(ここがタンボロッジらしいところ)というものです。さらに、黒大豆を浸しておく水はこの近くの水引集落の湧き水をくんできたものだそう。

(1)まずは一晩水に浸した豆を煮ます。あくがでてきたら丁寧にとります。それから圧力鍋で圧をかけて20分。その後自然冷却。豆と煮汁をわけておきます。煮汁はあとで使うので捨てません。

豆を煮る


(2)豆をつぶします。電動ミンサーで、あっというま。上から豆を入れると、なめらかにつぶされた豆がでてきます。家庭でやる場合はすりばち、ハンドミキサーなどでもできますが、一度に大量にやるなら、こういう機械も便利ですね。

ミンサーでひく


(3)米麹と塩をよく混ぜておいたものと、つぶした豆をよく混ぜ合わせます。味噌の固さになるように、豆の煮汁を適宜加えながら混ぜていきます。

米麹と混ぜる


(4)底に塩を敷いた保存容器へ入れていきます。このとき、団子状にまるめたものを投げ入れるようにします。余分な空気を抜くためです。

容器へ


(5)ならして、塩をふりかけた後に、フキンで覆いをします。

フキンで覆う


(6)中フタをして上から重しをします。1ヶ月くらいしたら、たまり醤油のような水分があがってくるので、とりのぞいて、天地を返します。その後は重しはいらなくなります。写真奥は1ヶ月ぐらいたったもの。

重しをする


一通り作ったあと、参加者で仕込み立ての味噌を分けあって持ち帰りました。

さて、味噌作りの最中に、お茶もしました。黒大豆の煮汁に、オーガニックの豆乳と手作り水飴を加えた、黒大豆ティー。ああ、おいしい。

黒豆茶


さらに、実は、味噌作りワークショップの傍らで新蕎麦もうっていただきました。それはまた、別記事でアップします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ameagarinosora.blog71.fc2.com/tb.php/156-3c720fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。