不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


焼きリンゴ


リンゴが大好きなわが家のこどもたち。そのまま皮をむいて食べるのが好きで、Aちゃんが包丁で皮をむいて(というより「切って」)1人1個ぐらいはぺろりと食べてしまいます。

今回は、この前、百円ショップでリンゴの芯のくり抜き器を買ったので、前々から作ってみたかった焼きリンゴを作ってみました。
焼きリンゴは芯をくり抜いた穴にてんさい糖やバターをつめこんで焼くのですが、ナイフだとうまくくり抜くことができません。なので、くり抜き器を買ってようやく挑戦できたわけです。

「ヤーブラカ」はロシア語で「リンゴ」のことです。今回参考にしたレシピは荻野恭子さんの『豊かな大地の家庭の味 ロシア料理』で、料理名に必ずロシア語と読み方が併記されています。

それからツヤ出しのため、自家製手作り水飴もかけています。時間があるときに水飴を作りだめしているので、ちょっと甘みがほしいときなどにどんどん使っています。ウズラ豆や金時豆の甘煮を作るときやドレッシングの隠し味など重宝しています。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは
「焼きりんご」とってもおいしそうですね。まめたろうさんが飾り切りしたんですか?素敵過ぎますー!!!ロシアっぽいですよね(勝手なおもいこみですが・・・)
わたしも自家製米あめ挑戦してみたいのですが、乾燥麦芽ってどこで手に入りますか?
2007/01/11(木) 13:53 | URL | bull #-[ 編集]
bullさんへ
コメントありがとうございます!
レシピを参考にした料理本の写真が飾り切りしてあったので、そっくりその通り作ってみたのです。なかなかおしゃれですよね。
米飴は炊飯器で簡単に作れてしまうので本当におすすめです。が、乾燥麦芽はどこにでも売っているわけではなさそうなんです。わたしは『タンボロッジ』さんに分けていただいています。この前泊まりに行ったときにも栃木県内のどこかで手に入るようにできるとよいですね、という話はしてきたので、そのうちもう少し手に入りやすくなるかもしれません。当面は、『タンボロッジ』さんに直接電話して郵送や宅配等で送ってもらうのが確実です。
それから、作り方も『タンボロッジ』さんのホームページ内にありますので、見てみてください(http://tambo1.com/l-50.html)。乾燥麦芽を作る方法もリンクされてました(http://www.ja-iwate.or.jp/syokuji/0303_senmaya/index2.htm)。 
2007/01/11(木) 21:46 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ameagarinosora.blog71.fc2.com/tb.php/174-575c8f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。