不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこの家庭でもよく作られる常備菜の1つが『きんぴらごぼう』だと思います。我が家でも昔から作ってきましたが、昨年から作り方を変えています。

きんぴらごぼう


NHKの『ためしてガッテン』で覚えた作り方を一部とりいれています。
詳しい放送内容はこちらをご覧ください。

<ガッテン流の作り方>
1.ごぼうとにんじんは、皮むき器で千切りにする(※注)
2.ごま油で、ごぼうを唐辛子と一緒に炒め、火が半分くらい通ったところでにんじんを加えて炒める(5~6分)。
3.火が通ったら、最初にしょうゆを加えて全体になじませ、最後にお酒でいため煮する。
※注:皮むき器を使った千切りの方法:
皮むき器を食材の表面にあてて、かんなのように皮をけずって集める。集めた皮を長さ5センチになるように、やや斜めにして千切りにする。

ごぼうもにんじんも皮はむかないし、ごぼうは水にさらしてアクぬきしたりしません。このあたりは以前からやっていたので同じ。
ガッテン流はピーラーを使って千切りにします。でも私は歯ごたえがあったほうが好きなので、今までどおり包丁を使ってます。
我が家が取り入れたガッテン流は味付けなんです。
油でいためて、しょうゆそして酒で調味する、この部分です。砂糖やみりんを使いません。順番も最後に酒をいれるのがポイントだそう。
こんなシンプルな作り方であっさりしたきんぴらごぼうができてしまうのでびっくりしました。
簡単でおいしい! なので、この番組を見てからは、この作り方が我が家の定番となりました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/11(月) 23:11 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ameagarinosora.blog71.fc2.com/tb.php/77-bfd003f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。