不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



すだれ麩

すだれ麩


『すだれ麩』って聞いて加賀料理を思い出す方もいるかもしれません。金沢の食材で、治部煮とかにはいっているのを食べたことがあるかもしれません。
が、ここで使っている『すだれ麩』は、茨城県結城市の食材です。名前は同じだし、麩なんですが、中味は全く別物です。
はじめて使う食材だったので、戻し方や食べ方は農産物販売所の方に聞いてきました。塩漬け乾燥されていて、使うときには水戻し&塩抜きが必要です。3~4時間水をかえながら塩抜きすればよいとのことでした。結城では葬式の時の精進料理にはかかせないそうで、煮物などに使うらしいです。遠方からわざわざ結城のすだれ麩料理を食べにくる人もあるらしいです。このすだれ麩を製造しているのは、渡邉製麩店だけだそうです。
B5サイズくらいの板状のものが売られていましたが、私が今回買ったのは切りおとしタイプのもの(安かったので)。

1品は、もどしたすだれ麩を食べよい大きさに切ってキュウリとともにごま酢あえにしました。食感はゆばか、板麩か、はたまたハムかといった感じでおいしい。
もう1品は、片栗粉をまぶして、揚げて、塩を振りました。七味唐辛子をかけてもよさそうなおつまみになりました。
さらに、もう1品は、けんちん風みそ汁の具にしました。ゆばのような感じで違和感なくいただきました。
なんだかはまりそうな食材です。

すだれ麩


<製造元>
渡邉製麩店
茨城県結城市大谷瀬604
電話番号 0296-33-2450
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは~☆
すだれ麸というのは、全く知りませんでした。
興味深い食材ですね。揚げておつまみにするのが私好みかな~?(笑)
茨城県内で見かけることがあったら、買って挑戦してみます。
「ひよこ豆」というのは知らないと思っていたら、「ガルバンゾー」
のことなのですね。E子先生の所で食べたことがあるわ!

まめたろうさんのブログでは、こういう発見があったり、私の
知らないような食材や料理法が沢山出てくるので、いつものぞくのが
楽しみですよ^^
知らなければ見つけても素通りしてしまいそうなものも、こうして
読んだり写真で見たりしておけば、何となく身近に思えるので、
それだけでも世界が広くなった気がします(^_^)
レンコンソテーのねぎソースがけは、すぐにでもマネしたい~♪
2006/09/27(水) 23:36 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 編集]
ミセス・かんちがいさんへ
いつもコメントありがとうございます!
すだれ麩は結城ローカルな食材なので、なかなか出会う機会はないかもしれませんが、もし見つけたときには手にとってみてください。
それにしてもE子先生のパン教室、とても楽しそうですね! 近くでないのが残念です。
レンコンソテーは家で何度も登場しているおかずです。簡単でおいしいですのでぜひお試しください。カノウユミコさんのレシピなので、詳しいレシピはのせられないのが残念。本屋で本を見つけたらちょっと見てみてください。材料もレシピもシンプルでおすすめです。
2006/09/28(木) 19:52 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ameagarinosora.blog71.fc2.com/tb.php/88-8e8c34d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
東大には「襖(ふすま)クラブ」というのがありましたが、 「スダレ部」はたぶんありません。 あだしごとはさておきつ、 「すだれ麩」という言葉を下記のニュース記事で初めて見ました。 <すだれ麩>茨城・結城の伝統食 晴れた朝に天日干し 早速、ネットショ...
2009/02/18(水) 18:06:02 | 掬ってみれば無数の刹那
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。