不器用だけど手作りには手間暇惜しまず。ナチュラル&シンプルライフをめざしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春巻


春巻を作ったときに皮が余ったりすることありませんか? これは余った皮で作った食後のデザート。

拍子切りにしたさつまいもと細切りにしたリンゴを油でよく炒め、てんさい糖とシナモンパウダーをからめておきます。
あとは皮で包んで、油で揚げてできあがり。
春巻の皮っておかずにもいいけれど、お菓子にも使えて便利です。
好きな物をくるくると巻いてあげるだけなので簡単です。

<追記>
本日10月15日(日)18:30よりTBS系番組「夢の扉」で、私が泊まりたいと思っている宿、『シャロムシュッテ』が登場予定です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
初心者の質問^^
サツマイモとリンゴは、バターソテーしてシナモンと砂糖を振り
かけるだけの一品を、夕飯のおかずとして昔から時々作ります。
(夫は甘いおかずは食べないので、夫のいない時に…笑)
春巻きの皮で巻くのも美味しいでしょうね^^

ところで、前回の梨酵母の話を読んでいて思ったのですが
(というか、前々から気になっていたのですが)
「酵母」って、いろいろなものから作れるみたいですね。
でも、具体的にどういうものなのかが、どうもピンときません。
甘い?炭酸水みたいな状態を酵母液というのですか?
梅シロップを作る時にも、発酵して?泡が発生することがあり
ますが、あの泡が酵母なんですかね?
今まで泡はすくって捨ててたけど、利用できるのかなぁ?
(おそろしく初歩的な質問をしているような気がしますが…笑)

遅くなりましたが、M君、お誕生日おめでとうございます。
確か、来年1年生ですよね。
いいなあ~、まだまだ子育てを楽しめますね(^_^)
子どもって、小学生くらいが最高!(親と遊んでくれるから…笑)
2006/10/15(日) 10:49 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 編集]
ミセス・かんちがいさんへ
いつもありがとうございます!
「酵母」ってなんぞや?という話ですね。私も酵母液を使うようになってまだ半年足らずなのですが、私が「酵母液」というときは、酵母菌がたくさん含まれている状態を言っています。酵母菌はアルコールと炭酸ガスを放出しますので、シュワシュワとした泡がではじめると「あ、酵母菌が活発に生きているな」とわかります。これを飲んだり料理に使ったりします。梨の皮や芯に加えててんさい糖を一緒に仕込んで作りますが、これはあくまで乳酸菌や酵母菌のエサとして加えるので、シュワシュワ発酵する頃にはこの甘みはほとんどなくなってます。乳酸菌と酵母菌が糖分をエサにして増えていく過程を「発酵」というのだと思います。乳酸菌が多い状態なら、甘みもあります。酵母菌が多い状態なら炭酸ガスがでてきます。シュワシュワ炭酸がでている頃には乳酸菌は減っているので甘みも減っています。そのため、私は飲料用には甘みを加えて飲んでます。アルコールも少しずつ増えていますので、旨味もあります。このまま発酵をすすませるとアルコールを食べて増える酢酸菌の活動が活発になるので酸味が強くなり、そのまま発酵させれば梨酵母酢ができるかも。
梅シロップの時の泡も発酵によりでてきた炭酸ガスだと思われます。炭酸ガスであって酵母ではありません。酵母菌は顕微鏡でみれば見えるかもしれませんが、肉眼では見えません。

最初の頃はうまく密封できるビンを使わなかった(ありあわせのプラスチック容器を使ったりして)ために酵母菌や乳酸菌よりも他の雑菌の繁殖をゆるしてしまい失敗してました。今はコツがわかってきたので熟した果物などを使うようにすればまず失敗することはなくなりました。『酵母ごはん』という本にはローズマリーなどのハーブを使ったり、ショウガを使うもの、大根を使うものなどいろいろ紹介されています。かんちがいさんの柿もおいしい酵母液になりそうです。柿酵母酢の作り方もでていました!

息子は来年1年生です。男の子っておバカでおもしろいですね。女の子のカワイさとはまた別のカワイさがあって楽しいです。でももうちょっと成長してもらいたいと思うこともしばしばですが(笑)
2006/10/15(日) 16:28 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 編集]
恐縮…!
うわ~、こんなに詳しい解説! 有難うございました。
こういう内容は、コメントへのレスにしておくのは勿体ないから、
コピペして、「酵母って何?」みたいなタイトルの記事にして
一度独立させておくといいかもしれません。
(検索されやすいようなキーワードも散りばめて…笑)

軽い気持ちで質問してしまいましたが、一応私も、ここのブログ
の「酵母」のカテゴリーの記事を読み直したり、「酵母」の語を
ネット検索で調べてみたりはしたのです。
検索では「野生酵母」とかいう語も出てきましたが、読んでも、
具体的なモノがどうもよくわからなかったのですよね…(^^;)
まめたろうさんの詳しいお返事のおかげで、かなりイメージが
わかってきました。
乳酸菌と酵母菌は一緒に働いたりするんですね。
放置しておくと酢酸菌が働いたりとか…状況は常に変化してい
くわけですね。
(何だか理科のお勉強みたい!…笑)

そうそう、我が家の「柿」も酵母になるのか、ちょっと気になっ
ていたのでした。簡単にできるなら少し作ってみようかな…。
完熟柿の皮や種まわりに砂糖を加えて(普通の砂糖でもいい?)
密閉ビンに入れておけばいい…のかな?
ビンは多分熱湯消毒でしょうね。柿自体は加熱しなくていいの?
(立て続けにいろいろ聞いてゴメンナサイね。急がなくていい
 ですから…柿はまだまだあるし、採れるので…、お時間のある
 時にでも、注意点などを簡単にお教え下さいまし…m(._.)m

男の子は、女の子にはない「おバカさ」が面白いですね^^
うちの息子たち、二十才過ぎても「おバカ」ですよ~!(笑)
2006/10/15(日) 17:20 | URL | ミセス・かんちがい #bhhZubZs[ 編集]
ミセス・かんちがいさんへ
乳酸菌やら酵母菌やらのせめぎあいにより酵母液はできていくようです。柿はまだ使ってみたことがないので、こうしたらいいですよ、というお話はできそうもありませんが、試してみたらブログに記事をアップするかもしれませんので、お楽しみに! 別途メールも送りましたので確認してくださいね。
2006/10/16(月) 09:52 | URL | まめたろう #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ameagarinosora.blog71.fc2.com/tb.php/99-a6ad7454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。